風邪、インフルの季節にご用心

 朝の通勤途中に車の温度計を見ると6度。ついこの間まで夏を思わせるような暑さだったが、もはや冬の気温。過ごしやすい秋はどこへやらである。
 こう寒くなってくると、流行するのが風邪やインフルエンザ。筆者の周りでも咳をしたり、体調が悪そうな人がちらほら見え、相変わらず流行に敏感というのは冗談だが、筆者も先日早速かかった。かかっておきながら言うのも何だが、風邪やインフルエンザの予防には手洗いとうがいの励行、規則正しい生活、十分な栄養と休養、人ごみを避けるなどが対策として挙げられるのはご存知の通り。特にインフルエンザについては予防接種が有効な手段だろう。 
 そう言えばことしの新年早々、筆者はインフルエンザにかかったが、社内では予防接種した人にはうつらなかった〝実績〟がある。ちなみに筆者が感染源という確証はどこにもないが、予防接種を打っていない大半の人にまん延したのは申し訳ない思いをした。タミフルやリレンザなどの特効薬があると言っても、発症すると40度近い高熱が出るため大変である。そして、風邪も侮るなかれ、昔から「風邪は万病のもと」とも言われているぐらいだ。
 しかし、どれだけ予防しても風邪やインフルエンザにかかってしまうことがある。そんな病人に言うのは気が引けるが、かかった場合は他にうつさない気遣いも大切。例えばテレビでもやっていたが、マスクを着用したり、風邪菌まみれの鼻をかんだティッシュや使用済みのマスクはビニール袋に入れて捨てるようにしたり、人に向かって咳やくしゃみをしない等々。「予防対策、そしてうつっても人にはうつさない」、これで病の連鎖を断ち切ろう。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る