風邪、インフルの季節にご用心

 朝の通勤途中に車の温度計を見ると6度。ついこの間まで夏を思わせるような暑さだったが、もはや冬の気温。過ごしやすい秋はどこへやらである。
 こう寒くなってくると、流行するのが風邪やインフルエンザ。筆者の周りでも咳をしたり、体調が悪そうな人がちらほら見え、相変わらず流行に敏感というのは冗談だが、筆者も先日早速かかった。かかっておきながら言うのも何だが、風邪やインフルエンザの予防には手洗いとうがいの励行、規則正しい生活、十分な栄養と休養、人ごみを避けるなどが対策として挙げられるのはご存知の通り。特にインフルエンザについては予防接種が有効な手段だろう。 
 そう言えばことしの新年早々、筆者はインフルエンザにかかったが、社内では予防接種した人にはうつらなかった〝実績〟がある。ちなみに筆者が感染源という確証はどこにもないが、予防接種を打っていない大半の人にまん延したのは申し訳ない思いをした。タミフルやリレンザなどの特効薬があると言っても、発症すると40度近い高熱が出るため大変である。そして、風邪も侮るなかれ、昔から「風邪は万病のもと」とも言われているぐらいだ。
 しかし、どれだけ予防しても風邪やインフルエンザにかかってしまうことがある。そんな病人に言うのは気が引けるが、かかった場合は他にうつさない気遣いも大切。例えばテレビでもやっていたが、マスクを着用したり、風邪菌まみれの鼻をかんだティッシュや使用済みのマスクはビニール袋に入れて捨てるようにしたり、人に向かって咳やくしゃみをしない等々。「予防対策、そしてうつっても人にはうつさない」、これで病の連鎖を断ち切ろう。   (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る