常にアイデアを磨け

 ことしも残すところ2カ月を切った。この時期になると本社では正月号の準備に取り掛かる。記者それぞれが数ページを担当し、特集ページを作るのだが、毎年どんなページにしようか悩む。常に考えてはいるがなかなか思いつかない。アイデアを生み出す難しさを毎年思い知らされる。
 そんな中、印南町商工会が開いた経営セミナー「成功を呼び込む 発想法・アイデア術」を取材した。講師は㈱ノウハウバンクの三科公孝代表。三科代表はさまざまな企業の成功例を紹介。木造建築の業者が犬小屋作りを始めて大ヒットしたことや、家族経営の自動車修理業が大手に負けないぐらい繁盛している秘訣など。犬小屋ではホームセンターなどで安価なものが多い中、木造建築の技術を生かして本格的な高級オーダーメード犬小屋の分野に目をつけたことで成功。自動車修理業では、「即日引き渡し」などとうたっている業者が多いが、実際は時間帯などによってその日に引き渡しできない業者が多いことに着目。家族経営の強みを生かして、残業時間のやりくりなどして即日修理を徹底したことで人気となった。
 三科代表は自分の強みを生かした上で、ライバルがいない・少ない、ホワイトスペース(空白)を見つける重要性を訴えていた。この方法は企業だけでなく、自治体や各種団体でも同じ。実際、九州のある団体では衰退していたマグロを生かしたラーメンに目をつけ、博多などのこってり系を避けたあっさり系で販売しブレークさせている。日高地方の強みは何か、ホワイトスペースはどんな分野か。アイデアを出し合うことで、新たな地域活性の道が開けるかもしれない。    (城)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る