御坊で25日から津波避難住民ワークショップ

 巨大地震対策で新たなハザードマップ作成と避難計画策定に向けて、御坊市は今月25日の藤田地区を皮切りに全6地区で住民を対象にした前期ワークショップをスタートさせる。おととし3月の東日本大震災を受けて県がことし3月に発表した地震、津波被害の新想定を受けての対応。住民参加型の取り組みで、柏木征夫市長が目標とする「死者ゼロ」を目指す。完成は来年3月末。
 御坊市では平成17年度に現行のハザードマップを作成して市内全戸へ配布。想定は東海・東南海・南海の3連動地震で、マグニチュード(M)は8・6。ところが、想定外の巨大地震となった東日本大震災を受けて国が想定を見直し。3連動地震でM8・7、南海トラフの巨大地震でM9・0となっている。和歌山県も地震や津波の新想定を発表。御坊市は本年度の当初で新たなハザードマップ作成などの予算を計上しており、業務をパシフィックコンサルタンツ㈱和歌山事業所に委託。ワークショップに向けた準備を進めていた。
 ハザードマップでは津波の浸水エリア、避難計画では避難ルートなどを示す。ワークショップ形式でマップの作成などを進めることは、住民が自ら避難について考え、危機意識を高めてもらうのが狙い。また、地域の実情を知った住民の意見を参考にすることで一層実効力のある避難計画につながると期待される。ワークショップの前期は25日に藤田、26日に野口、27日に名田、12月2日に湯川、12月4、5日に御坊で実施。塩屋は現在日程調整中。時間はいずれも午後7時から9時まで。後期は来年1月中となる。3月末までに完成したあと、印刷に回し、5月か6月に全戸配布できる見通し。事業費は今回のマップと避難計画のほか、避難所ポテンシャル調査費なども合わせて約1500万円。担当課は「避難計画については一定の避難ルートを示すが、それで完成品という位置づけにはしない。その後は各地区で訓練を行ったり、話し合ったりして自分たちで最善のルートを書き込んでいってもらえれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る