12月1日 ヤブシン新アルバム

 由良町出身のシンガーソングライター、藪下将人さん(32)=和歌山市=と、兵庫県出身のシンガーソングライターでマンドリンプレーヤーの藍田真一さん(35)とのユニット「ヤブシン」が、12月1日にセカンドミニアルバム「ティポティポしたいな」をリリースする。2012年3月のファーストアルバム以来、1年9カ月ぶりの新作CD。リズミカルな曲から切ないバラードまで全5曲を収録し、発売日を皮切りに県内外8カ所でワンマンライブを行うことも決まった。
 収録曲はアルバムタイトルの「ティポティポしたいな」をはじめ、「happy life」「予感」「I do miss you!」「恋桃」の全5曲(収録順)。藪下さんは2、3曲目の作詞、作曲を手がけ、5曲目は藍田さんと合作で仕上げた。1、4曲目は藍田さんが作詞、作曲。歌は藪下さんが2、4曲目、藍田さんが1、3曲目のメーンを担当し、5曲目はパート別にうたう。互いにコーラスとして参加。美しいハーモニーで聞かせる。
 1曲目の「ティポティポしたいな」は、子どもから大人まで楽しめるような明るい、テンポのいい曲。3曲目には切ないバラードも含まれ、2人の魅力を存分に堪能できるアルバムになっている。藪下さんは「藪下将人のソロとは違う音楽になっていると思います。1作目よりユニットとしての〝色〟が出てきて、いい出来に仕上がりました。ソロでは出せない世界観を楽しんでもらえれば」とPR。
 ワンマンライブは12月1日、海南市のイベントスペース「一灯舎」を皮切りに来年3月30日、和歌山市の和歌山マリーナシティまで4府県の8カ所で開催。日高地方では2月2日、御坊市の本町商店街内「カーヒコ・オ・ケ・アクア」で予定されている。その他、1月11日、由良町中央公民館で企画されている恒例の新春ライブでもニューアルバム収録曲が披露されるという。
 藪下さんは2000年ごろから音楽活動を開始、現在は和歌山を拠点に関西中心に活躍中。09年にはファーストシングル「がんばれ故郷」で河島英五音楽賞最優秀作品賞を受賞した。「マンドリンの弾き語り」という未開のジャンルに挑戦中の藍田さんとは11年からユニット「ヤブシン」を結成。各地のステージにも立ち、好評を得ている。
 ニューミニアルバムは全国のCDショップで注文すれば購入できる。1枚1500円(税別)。日高地方では御坊市薗244、フロンティアキング℡0738⑳2043に行けば手に入る。
 ワンマンライブ、CD購入に関する問い合わせは池尾さん℡090―6055―3967。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る