12月1日 ヤブシン新アルバム

 由良町出身のシンガーソングライター、藪下将人さん(32)=和歌山市=と、兵庫県出身のシンガーソングライターでマンドリンプレーヤーの藍田真一さん(35)とのユニット「ヤブシン」が、12月1日にセカンドミニアルバム「ティポティポしたいな」をリリースする。2012年3月のファーストアルバム以来、1年9カ月ぶりの新作CD。リズミカルな曲から切ないバラードまで全5曲を収録し、発売日を皮切りに県内外8カ所でワンマンライブを行うことも決まった。
 収録曲はアルバムタイトルの「ティポティポしたいな」をはじめ、「happy life」「予感」「I do miss you!」「恋桃」の全5曲(収録順)。藪下さんは2、3曲目の作詞、作曲を手がけ、5曲目は藍田さんと合作で仕上げた。1、4曲目は藍田さんが作詞、作曲。歌は藪下さんが2、4曲目、藍田さんが1、3曲目のメーンを担当し、5曲目はパート別にうたう。互いにコーラスとして参加。美しいハーモニーで聞かせる。
 1曲目の「ティポティポしたいな」は、子どもから大人まで楽しめるような明るい、テンポのいい曲。3曲目には切ないバラードも含まれ、2人の魅力を存分に堪能できるアルバムになっている。藪下さんは「藪下将人のソロとは違う音楽になっていると思います。1作目よりユニットとしての〝色〟が出てきて、いい出来に仕上がりました。ソロでは出せない世界観を楽しんでもらえれば」とPR。
 ワンマンライブは12月1日、海南市のイベントスペース「一灯舎」を皮切りに来年3月30日、和歌山市の和歌山マリーナシティまで4府県の8カ所で開催。日高地方では2月2日、御坊市の本町商店街内「カーヒコ・オ・ケ・アクア」で予定されている。その他、1月11日、由良町中央公民館で企画されている恒例の新春ライブでもニューアルバム収録曲が披露されるという。
 藪下さんは2000年ごろから音楽活動を開始、現在は和歌山を拠点に関西中心に活躍中。09年にはファーストシングル「がんばれ故郷」で河島英五音楽賞最優秀作品賞を受賞した。「マンドリンの弾き語り」という未開のジャンルに挑戦中の藍田さんとは11年からユニット「ヤブシン」を結成。各地のステージにも立ち、好評を得ている。
 ニューミニアルバムは全国のCDショップで注文すれば購入できる。1枚1500円(税別)。日高地方では御坊市薗244、フロンティアキング℡0738⑳2043に行けば手に入る。
 ワンマンライブ、CD購入に関する問い合わせは池尾さん℡090―6055―3967。

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る