やなせたかしさんを悼む

 幼稚園の頃、毎月1冊ずつフレーベル館の絵本が配られた。その中に、「さよならジャンボ」という一冊があった。
 王様とトン、チン、カンという国民3人の小さな国に、象のジャンボと象使いの少年が贈られる。皆で楽しく暮らしていたが、ある時、両隣の大きな国が戦争を始めた。食べ物がなくなり、ジャンボの命も危うくなる…
 これが生まれて初めて接した「戦争物」の本だった。残念ながら詳しくは覚えていないが、ジャンボが長い鼻で爆弾を運ぼうとしている絵が印象に残っている。著者は、今月13日に94歳で他界された漫画家のやなせたかしさん。アンパンマンの作者としてあまりにも有名だが、筆者にはこの絵本がこの人との出会いだった。
 全国紙の追悼記事で「子どもに容赦する必要はないというのが僕の持論」という言葉を読み、幼い子ども向けの絵本で「せんそう」を語ってくれた心を思った。アンパンマンは発表当初、大人たちには「自分の顔を食べさせるなんてグロテスク」と酷評されたが、子どもたちは奪い合うように読んだという。
 「てのひらを太陽に」の作詞者でもある。「みんなみんな生きているんだ友達なんだ」は、戦争体験から得た死生観に基づく。「A国とB国で正義は違っても、飢えた人を助ける正義はどこでも変わらない」との信念からアンパンマンは生まれた。「アンパンマンのマーチ」の歌詞を読むと、込められた思いの熱さにふっと涙が出そうになる。
 どこか不敵なものを内に秘めた飄々とした笑顔は90歳を超えても変わらず、見るたび元気をくれた。100歳までも現役で、飄々と笑っていてほしかった。迷走する時代の波の中に立つ、道標のように。  (里)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る