新地町の防災緑地内に「みなべの里」

 東日本大震災で被災した福島県新地町が建設を進めている防災緑地(都市公園)に「みなべの里」エリアを設け、梅の木を植樹する計画があることが分かった。10日にみなべ町役場で開かれた防災の職員研修で、講師を務めた同町復興推進課の鴇田(ときた)芳文課長が明らかにした。両町は、平成24年度からみなべ町職員が復興支援で新地町に派遣されたことがきっかけで交流が深まり、25日に締結する相互応援防災協定を記念して梅林区画を設けるという。
 防災緑地は、津波により被災した沿岸部で集落などの再建が困難な場所に建設される。国の復興支援金で新地町が買い取った土地。同町によると、防災機能を確保しながらスポーツやレクリエーション、地域活動などに利用できる自然豊かな緑地づくりを目指す。全体の広さは16・9㌶で、本年度末までに計画をまとめ来年度から着工。28年度までの3年間で仕上げる。計画では「みなべの里」エリアは約3000平方㍍で、両町の交流のシンボルとして梅の木を植樹するという。
 平成23年3月11日の震災発生後、24年度からみなべ町建設課係長、越本進男さん(42)が新地町に派遣されて復興事業に携わっていることから両町の交流が始まり、昨年はみなべ町の消防団が2グループに分かれて被災地の視察を行ったこともあった。今月25日には小谷芳正町長が新地町を訪れ、大規模災害発生時に人的派遣を行うことなどを盛り込んだ相互応援防災協定を締結する。

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る