きよかわ米商品化へ生産者組合発足

 県の過疎集落支援総合対策事業の一環で、みなべ町清川地区の農家が地元で収穫される米を「きよかわ米」として本格的に売り出す。先月には生産者14人で結成する「きよかわ米生産者組合」(棒引清組合長)を発足、米を入れるオリジナルデザインの袋もつくった。11日にJAみなべいなみ清川事務所駐車場で開かれる「きよかわ市」でも販売される。「清川の米は昔から味がいいといわれている。新米を商品化しているので、ぜひ味わってほしい」とアピールしている。
 清川は山間部に位置し、きれいで冷たい水を使って米を栽培していることから以前から味には定評があり、農家から直接買い求める消費者も多いという。これまで町内のイベント会場などで販売したこともあったが、先月に生産者組合を立ち上げ、本格的な販売活動に取り組み始めた。米を入れる袋についてもこれまで使っていた市販のものから変更し、町内埴田のイラストレーター松下恭子さんにデザインを依頼して新調した。子どもがご飯をお代わりしているイラストが描かれ、「きよかわ米」と商品名が記されている。県の過疎対策総合事業で取り組んでいる清川特産品にも認定されており、商品には認定シールを張って販売する。品種はコシヒカリ、キヌヒカリ、イクヒカリ、日本晴の4種類。裏面には生産者名などを表示する。
 11日午前10時から催されるきよかわ市では精米して白米の状態で売り出し、3㌔が税込みで1200円、5㌔が2000円。同市で販売されるカレーライスやいなり寿司にもきよかわ米を使用してPRする。今後はJAみなべいなみの直売所「ほんまもんふるさと産地直売所」で販売する方針。同生産者組合では「きよかわ米が順調に売れれば耕作放棄地対策にもつながるし、農家の生産意欲も向上する。将来的には品種を統一し、ブランド化できれば」と話している。問い合わせは同組合長の棒引さん℡76-2448まで。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る