あやめ踊りの継承を

 日高川町高津尾の小原長滝が出生とされる江戸時代中期の女形歌舞伎役者、芳澤あやめ。資料によると、歴史家は、今から約320年前の元禄から享保時代にかけての有名な歌舞伎役者として坂田藤十郎、沢村長十郎、市川団十郎、中村七三郎、水木辰之助とこの芳澤あやめの6人を挙げ、当時の記録(役者評判記)などではあやめがその筆頭で「日本無双」との賛辞を送っているという。
 中津地区で伝わるあやめ踊りは、あやめをしのぶ舞踊。11月の文化芸能祭などで保存会によって踊りが披露され、地域で親しまれている。あやめ踊りは昭和26年の創作で、当時の練習会では上方舞の山村流4世宗家山村若氏が地域を訪れ、村民らに丁寧に手取り足取り振り付けを教えたそうである。太鼓、三味線、尺八の音色に合わせて踊る舞は、農家から身を起こしたあやめが日本を代表する女形歌舞伎役者として成功するまでの修行を表現。優雅でかつ凛(りん)とした芸格で、筆者も踊りを見るたびに、多くの人を魅了してやまなかったあやめの姿を想像する。
 地元中津中学校であやめ踊りを継承していく取り組みが行われている。中学生ともなると意外に知らない生徒が多く、「踊りがあるなんて知らなかった」という声が聞かれ少し驚いた。踊りの練習では優雅に両手を振ったり、色っぽく手を口元に当てたりする女形ならではのしぐさに戸惑いながらも熱心に楽しそうに取り組む姿を見ているとうれしくなった。この成果は11月3日の文化芸能祭、同10日の中学校の文化祭でお披露目。中津が生んだ偉人に思いをはせ、踊りが永遠に引き継がれていくことを願いながら、あやめの後輩たちの舞を観賞したい。(昌)

関連記事

フォトニュース

  1. バラエティー豊かに

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る