ドッグスポーツ 日高川の江原さんが世界大会へ

 今月23日から27日までアメリカテネシー州マーフリーズボロで開催されるドッグスポーツ「USDAAアジリティーワールドチャンピオンシップ」に、日高川町土生の江原輝之さん(44)と愛犬ジーナ(ボーダーコリー、オス4歳)のペアが、日本代表として出場する。アジリティーとは犬の障害物競争で、江原さんとジーナは2回目の世界挑戦。初出場の昨年で手応えを感じており、「3位以内に入ってメダルを取りたい」と意気込んでいる。
 アジリティーとは、犬と人間が調和をとりながら、コースに設置されたシーソーやハードル、トンネルなど20前後の障害をクリアしていく競技。犬の大きさ別に4クラスがあり、江原さんとジーナはスタンダードクラス(体長55㌢)に出場する。
 今シーズンは、昨年世界大会に出場したプレッシャーから江原さんが調子を落とし、なかなか最終選考会(1戦目で2ペア、2戦目で3ペアが世界大会出場が決まる)へこまを進められなかったが、春先から上昇カーブ。3月の埼玉県、4月の福岡県の競技会で2戦目の最終選考会進出を決め、最終選考会では予選を勝ち抜いた選りすぐりの強豪が集まる中、ジーナは江原さんの指示に素早く反応、障害物を的確にクリアしていき、14頭中、3位で通過。世界大会出場キップを獲得した。
 世界大会では、昨年同様に個人競技と3ペア1組のチーム競技に出場。昨年は初出場ながらもアメリカやカナダ、中国など世界12カ国の強豪を相手にチーム競技(各4種目の個人戦も兼ねる)のスヌーカーの部で見事11位入賞。昨年世界の大舞台を踏んだ経験に加え、ジーナも障害への対応力、指示を聞く能力など成長著しく手応えいっぱい。さらに、江原さんとジーナペアの指導者で2003年のテキサス大会で世界一に輝いた大隈智美さんもラージクラスで出場するとあって心強い。「初物尽くしだった昨年より、ことしは私もジーナも落ち着いて挑戦できる。私がミスさえしなければ十分戦えるはず。個人競技の部門でメダルを目指したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 和歌山から初めて掲載されました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る