防犯カメラの普及が必要

 衛星電波を活用してビルの中のどの方向の何㍍先に敵がいるかを探知して現場の突撃部隊に携帯電話を通じて指示を出す、主人公は真っ暗闇の中でも的確に敵を狙撃する、少し前に流行ったアメリカのドラマ「24」でよく見たシーン。いくらハイテクの時代でもそこまでできないだろう、いやアメリカなら実際にそれくらいのことを実践しているのでは、どちらの意見も正しいと思わせる現実的で空想的な内容が興味をそそった。いまはまだ実用には至っていなくても、近い将来実用化されそうなリアルさが人気の秘訣だったのだろう。ドラマの世界までいかなくても、いまや犯人を追い詰めるのは最新のテクノロジーと、それを扱う人間の能力にかかっているといっても過言ではない。
 身近なところでは先日、和歌山市のぶらくり丁商店街で防犯カメラが高機能化されたと大きく報じられていた。いまや日本でも繁華街を中心に防犯カメラの設置が当たり前の時代になった。映像が犯人検挙の決め手となったり、犯罪の発生自体を防ぐ抑止効果があるのは間違いなさそう。だからといって全国的に検挙率が上がっているのかという声もあるが、個人的にはもっと普及させる必要があると思っている。
 日高地方では印南町でことし8月、連続不審火があった。地元住民からは防犯カメラがたくさんあれば不審者を捕らえられたのではとの声を多く聞いた。殺人事件や死体遺棄など昨今の事件を見ていると、田舎であっても犯罪は都会と同じであり、いつ何が起こってもおかしくない。地域住民を脅威から守るためにも、遅れている日高地方で普及させる必要がある、そんな議論が出てきてもいいと思うが。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナ終息の願いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る