みなべで初の南龍アート展

 みなべ町と田辺市龍神村の作家15人1団体の作品を集めた「南龍アート展」が6日、みなべ町清川のふるさと道場で催された。今回が初めての試みで、イラスト、魚を写した水中写真、梅染めなど100点を超える作品がずらりと並んだ。11月にニューヨークの展示会に出展する書道家の赤木昭子さん(みなべ町芝)もパフォーマンスを披露し、来場者から大きな拍手を浴びていた。
 「みなべ町だけでなく近隣の龍神村の作家の作品も展示し、文化の裾野を広げていきたい」と開催。テーマは「愛すべきふるさと」で、故郷に思いを寄せた作品が並んだ。樹脂粘土でつくり上げた梅林のプチクレイアート、梅染めの布でつくった服、書、写真など地域の芸術家の作品が一堂に展示された。赤木さんは、梅染め愛好会の協力で仕上げた作務衣(さむえ)を着て登場。縦140㌢、横90㌢の用紙に大きな筆を振るって「梅染」と書き上げた。もう1点「梅」という字も力強く書いた。ニューヨークでもパフォーマンスを見せることになっている。
 会場では住民らによる民謡も披露され、流しそうめんも振る舞われた。印南町宮ノ前から訪れた自営業舩木啓司さん(42)は「きょうは子どもたちも一緒に、家族4人で来ました。いろんな作品があって楽しいですね」と興味深く観賞していた。主催の「みなべを元気にしよら~」代表でイラストレーターでもある松下恭子さんは「作家同士が展示会を通じてつながりを持てるイベントを開くのが夢だった。できることなら2回目も催したい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る