みなべで初の南龍アート展

 みなべ町と田辺市龍神村の作家15人1団体の作品を集めた「南龍アート展」が6日、みなべ町清川のふるさと道場で催された。今回が初めての試みで、イラスト、魚を写した水中写真、梅染めなど100点を超える作品がずらりと並んだ。11月にニューヨークの展示会に出展する書道家の赤木昭子さん(みなべ町芝)もパフォーマンスを披露し、来場者から大きな拍手を浴びていた。
 「みなべ町だけでなく近隣の龍神村の作家の作品も展示し、文化の裾野を広げていきたい」と開催。テーマは「愛すべきふるさと」で、故郷に思いを寄せた作品が並んだ。樹脂粘土でつくり上げた梅林のプチクレイアート、梅染めの布でつくった服、書、写真など地域の芸術家の作品が一堂に展示された。赤木さんは、梅染め愛好会の協力で仕上げた作務衣(さむえ)を着て登場。縦140㌢、横90㌢の用紙に大きな筆を振るって「梅染」と書き上げた。もう1点「梅」という字も力強く書いた。ニューヨークでもパフォーマンスを見せることになっている。
 会場では住民らによる民謡も披露され、流しそうめんも振る舞われた。印南町宮ノ前から訪れた自営業舩木啓司さん(42)は「きょうは子どもたちも一緒に、家族4人で来ました。いろんな作品があって楽しいですね」と興味深く観賞していた。主催の「みなべを元気にしよら~」代表でイラストレーターでもある松下恭子さんは「作家同士が展示会を通じてつながりを持てるイベントを開くのが夢だった。できることなら2回目も催したい」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. オッス! ボクきぃぽん

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る