音楽を愛する心が水脈に

 市民文化会館主催事業「tea timeコンサート」を取材した。クラシック音楽を気軽に楽しんでもらう企画で、出演は美浜町三尾出身のピアニスト、碇理佐さん。
 碇さんの演奏を初めて聴いたのはもう十数年も前。筆者はピアノを習ったこともなくよしあしを聞き分ける耳など持ち合わせていないが、碇さんのピアノについては「本当に楽しそうに弾く人だな」と印象に残っており、今回の演奏も楽しみにしていた。選曲は肩の凝らないクラシックの小曲が中心。うたう代わりに指が鍵盤の上を駆けていくような、生き生きした演奏を楽しませてもらった。曲紹介の短いトークなど、休憩時間のお菓子や飲み物と共に、観客にひとときを楽しんでもらおうという心配りの感じられるコンサートだった。
 話は変わるが、中西忠さん(由良町)の連載「ここに泉はなかった?」が、先月8日付で全55回をもって終了した。半世紀以上に及ぶ中西さんの音楽活動、ひいては御坊日高のアマチュア音楽史を物語る貴重な記録となった。タイトルは、群馬交響楽団の草創期を描いた映画「ここに泉あり」から。ここ御坊日高では、群馬のように音楽文化が豊かに泉のように湧きだすことはなかった…ということだが、「?」付きで、判断への猶予は残されている。
 中西さん達の長年にわたる小学校巡回などの活動が当時の子どもたちの心に音楽への親しみの種をまいたように、tea timeコンサートのような身近なイベントでのクラシック体験も、音楽を愛する心が地下水脈のように人々の心をうるおす助けにはなるのではないかと思う。それは道筋さえつけば、泉のようにあふれ立つだろう。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. こうやって来てくれたら助かるわ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る