社会保障の充実も期待

 安倍晋三首相が1日に記者会見し、消費税率を来年4月1日に現行の5%から8%へ引き上げると表明した。すでに先月からテレビや新聞での事前報道があり、大きな驚きも感じなかったが、とにかくこれで来春から一段と地方の経済、庶民の暮らしが大変になるのは間違いないだろう。
 とりあえず消費税を3%引き上げることで、税収は年間8兆円ほど増加するそうだ。安倍首相は3%引き上げと同時に「経済再生と財政健全化は両立しうる」と述べ、増税と同時に企業向けの減税など5兆円を超える経済対策も打ち出した。8兆円入ってきて、5兆円を使うという。それなら当面1%ずつの段階的な税率引き上げなどの方が暮らしにも経済にも優しかったのではないかと、いまさらながら思ってしまう。
 大企業は減税の恩恵を受けられる可能性が少なからずあり、リストラやコストカットなどでこの増税を乗り切るのは難しくないかもしれない。ただ、中小企業は簡単にそうはいかない。安易な価格転嫁は売り上げ減少につながるのが必至。飲食業にしても製造業にしても値上げに踏み切る場合は新たな付加価値とセットにするなどの対策を考える必要があり、来年春までに難しい選択を迫られる。円安、アベノミクスの影響なんて、まだほとんど感じられない状況の中、単純に「ピンチはチャンス」といってはいられない。
 企業が値上げの際にサービス向上を図るのと同様、国には国民に負担増をお願いするのだから確かな未来が約束される政策を同時に望む。まだ2015年10月にも負担が増える。それまでには経済再生、財政健全化の両立に、安心して暮らしていける社会保障の充実という3本目の矢も加えてほしい。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る