ネット被害から守るのは親の責務

 スマートフォン購入を機に無料通信アプリを使い始めた。当初はメール代わりに利用したり、無料通話で使うくらいだったが、グループで(文章で)会話できる機能があり、これが面白い。幼なじみに誘われたのだが、小中学校の同級生十数人が登録しており、みんなで会話が楽しめ、情報を共有できる。内容は近況を報告したり、会う約束をしたりさまざまで、懐かしさも相まって楽しい。
 一方で困ったこともある。見ず知らずの赤の他人2人の情報がアプリに登場している。機器のアドレス帳に登録している友人と同姓同名のためか知り合いと判断されたよう。2人ともどこかの高校生のようで、制服姿で友達との写真が添付されている。逆に言えば、筆者の情報もこのアプリを通じて何らかの事情で他人に知られている可能性がある。不安でもある。
 そんな中、生徒をネット被害から守ろうと日高川町の美山中学校育友会は専門講座を開き、保護者や教職員がネットについて知識を深めた。講師の男性は子どもたちを被害から守るため「機器の設定をするなど管理の責任は保護者にある」と訴えた。さらに調べてみると機器管理に加え、子どもの言いなりにならないよう子ども以上の知識をつけることも重要で、家族の前でメールを見なくなるなど目の届くところで機器を触らないようになったら要注意だという。筆者が利用しているのと同様のアプリを通じて、少女の殺害事件も発生している。子どもがネット被害に合わないようにするために親の役割はとても大きい。(昌)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る