思い出のタイムカプセル

 先日、車中でAMラジオを聞いていると、リスナーのタイムカプセルを掘ったという話を紹介していた。番組にこのはがきを送ったのは農業を営む42歳の男性。小学校卒業30年を機に掘ることにしたという。久々に会う懐かしの顔ぶれも多い同級生たちとカプセルを掘り出すと、中からはそれぞれの思いが詰まった思い出の品々が。男性は、自分がカプセルの中に入れた物に「乗り物の運転士になりたい」と書いていたことにびっくり。幼き日々に思いをはせていた。
 埋めたことがある人も多いタイムカプセルだが、掘り出すことが難しいこともあるという。学校の廃校や施設の改修・移転、区画整備などで埋めた場所がコンクリート舗装されて二度と掘り出せない状況になっていたり、児童たちが広いグラウンドの中ではっきりと埋めた場所を覚えていないことも。埋めた場所を覚えているはずの担当教諭が、引っ越していたり亡くなっている場合もある。日々の暮らしに追われ、掘らずに埋めたままにしていることも多い。幼き日々の自分の思いに触れられるカプセルだけに残念なことだ。
 筆者も小学校の卒業記念に建立した校歌の石碑の下にタイムカプセルを埋めている。確かみんな二十歳になったときに掘り出そうと約束していたのだが、掘らずに埋まったまま。それぞれの思いをつづった石を埋めているのだが、筆者はどんなことを書いたのかまったく覚えていない。先日、小学校の同級生2人と食事に行った際、その話が出たが、一人は埋めたことさえも覚えておらず、とても驚いていた。筆者の年代も、前述のリスナー同様に42歳を迎える年代。小学校卒業から30年。カプセルを掘り、当時の自分に触れてみたくなった。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いします

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る