思い出のタイムカプセル

 先日、車中でAMラジオを聞いていると、リスナーのタイムカプセルを掘ったという話を紹介していた。番組にこのはがきを送ったのは農業を営む42歳の男性。小学校卒業30年を機に掘ることにしたという。久々に会う懐かしの顔ぶれも多い同級生たちとカプセルを掘り出すと、中からはそれぞれの思いが詰まった思い出の品々が。男性は、自分がカプセルの中に入れた物に「乗り物の運転士になりたい」と書いていたことにびっくり。幼き日々に思いをはせていた。
 埋めたことがある人も多いタイムカプセルだが、掘り出すことが難しいこともあるという。学校の廃校や施設の改修・移転、区画整備などで埋めた場所がコンクリート舗装されて二度と掘り出せない状況になっていたり、児童たちが広いグラウンドの中ではっきりと埋めた場所を覚えていないことも。埋めた場所を覚えているはずの担当教諭が、引っ越していたり亡くなっている場合もある。日々の暮らしに追われ、掘らずに埋めたままにしていることも多い。幼き日々の自分の思いに触れられるカプセルだけに残念なことだ。
 筆者も小学校の卒業記念に建立した校歌の石碑の下にタイムカプセルを埋めている。確かみんな二十歳になったときに掘り出そうと約束していたのだが、掘らずに埋まったまま。それぞれの思いをつづった石を埋めているのだが、筆者はどんなことを書いたのかまったく覚えていない。先日、小学校の同級生2人と食事に行った際、その話が出たが、一人は埋めたことさえも覚えておらず、とても驚いていた。筆者の年代も、前述のリスナー同様に42歳を迎える年代。小学校卒業から30年。カプセルを掘り、当時の自分に触れてみたくなった。 (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る