木材利用推進協が御坊市に要望

 県木材利用推進協議会のキャラバン隊として日高木材協同組合の松本政彦理事長らが29日に御坊市役所を訪れ、柏木征夫市長に公共施設へのスギ、ヒノキなど紀州材の活用を要望した。柏木市長は「改築を予定している市庁舎や湯川中学校にできる限り紀州材を使っていきたい」と約束した。
 紀州材の利用促進については国が平成22年10月、公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律を施行。県が24年2月に木材利用方針を公表。これを受けて県木材利用推進協議会では、各自治体にキャラバン隊を派遣して、紀州材の利用促進をPRしている。要望書では「木材を住環境に利用することは、木材の持つ視・聴感覚、接触感特性、室内の温度、湿度の調節、空気の浄化機能などで身体的にも情緒的にも他の材料にない優れた住環境を確保することができる」と訴えており、松本理事長らは「湯川中学校の改築は設計が終わり、紀州材を利用してくれることになっていると聞いた。できる限り地元の木材を使ってほしい」と求めた。
 柏木市長は「木は香りがいいし、アトピーやカビの防止にも役立つ。湯川中でも極力使えるようにしたい。また、御坊市では湯川中の改築が終わる平成29年度以降に市庁舎の改築を進めていく。例えば内装にヒノキの板材を使うなどできるのではないか」と述べた。市庁舎については耐震診断の結果、改修が必要との診断が出されたが、莫大な改修費用がかかることから、いっそのこと改築するという方針。現施設の延べ床面積は7000平方㍍だが、職員や議員数が削減されており、新庁舎は5000平方㍍程度で済むと見込まれている。予算は約15億円。

関連記事

フォトニュース

  1. はいOK、大丈夫で~す

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る