木材利用推進協が御坊市に要望

 県木材利用推進協議会のキャラバン隊として日高木材協同組合の松本政彦理事長らが29日に御坊市役所を訪れ、柏木征夫市長に公共施設へのスギ、ヒノキなど紀州材の活用を要望した。柏木市長は「改築を予定している市庁舎や湯川中学校にできる限り紀州材を使っていきたい」と約束した。
 紀州材の利用促進については国が平成22年10月、公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律を施行。県が24年2月に木材利用方針を公表。これを受けて県木材利用推進協議会では、各自治体にキャラバン隊を派遣して、紀州材の利用促進をPRしている。要望書では「木材を住環境に利用することは、木材の持つ視・聴感覚、接触感特性、室内の温度、湿度の調節、空気の浄化機能などで身体的にも情緒的にも他の材料にない優れた住環境を確保することができる」と訴えており、松本理事長らは「湯川中学校の改築は設計が終わり、紀州材を利用してくれることになっていると聞いた。できる限り地元の木材を使ってほしい」と求めた。
 柏木市長は「木は香りがいいし、アトピーやカビの防止にも役立つ。湯川中でも極力使えるようにしたい。また、御坊市では湯川中の改築が終わる平成29年度以降に市庁舎の改築を進めていく。例えば内装にヒノキの板材を使うなどできるのではないか」と述べた。市庁舎については耐震診断の結果、改修が必要との診断が出されたが、莫大な改修費用がかかることから、いっそのこと改築するという方針。現施設の延べ床面積は7000平方㍍だが、職員や議員数が削減されており、新庁舎は5000平方㍍程度で済むと見込まれている。予算は約15億円。

関連記事

フォトニュース

  1. 数に限りはありますが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る