御坊で菊明会定期演奏会

 箏曲研究会、菊明会(菊瓔佐和子会長)の第11回定期演奏会は27日、市民文化会館大ホールで開かれた。
 「御坊の地に琴の音を」をモットーに活動する同会は、前身の菊明社から数えると66年、サークルとなってからは25年の歴史を持つ。定期演奏会は2年に1度、この時期に開いている。古曲「みだれ」で幕を開け、華やかな着物姿の会員は美しい音色で観客を魅了。世界的尺八奏者、田嶋直士さんを迎えての共演では明治期の大曲「楓の花」を演奏し、尺八のしっとりした音と琴の澄んだ音が見事なハーモニーを奏でた。田嶋さんが「島原の子守唄」「アメージング・グレース」を独奏、賛助出演の日高高校箏曲部が代表曲の「GRADATION 風の彩」を聴かせるなど充実したプログラムで、最後は出演の全会員と田嶋さんの共演で「春の海・21」。正月番組などでおなじみの曲が明るく編曲され、観客は華やかな音の世界を存分に楽しんでいた。

関連記事

フォトニュース

  1. は~い!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る