合併の効果は混ざり合うこと

 平成16年10月、旧南部町と旧南部川村が合併し、新しくみなべ町が誕生した。早いもので、来年で10周年を迎える。平成の合併では県内でトップ。当初は「面積が広くなるので、住民の声が届きにくくなるのではないか」などと不安視する声も聞かれたが、比較的スムーズに合併が進んだ。同町では来年に記念イベントを行う方針で、庁内に検討委員会を立ち上げ、内容の検討を始めている。
 合併の効果はいろいろと挙げられている。例えば、スケールメリットを生かし、中長期的な視点での効率的な行政運営が行えること。また、庁舎を1つにまとめたり、職員の人数を減らしたりすることで財政面でも効率化が図られる。それに加え、住民同士の交流が活発化することも大きなメリットといえる。
 みなべ町の東吉田地区と清川地区はそれぞれ旧町と旧村に位置する地域だが、東吉田地区の青年団が清川の軽井川地区の獅子舞を習い、鹿島神社の祭礼に祭具として参加させようと取り組んでいる。これも大きな目でみれば合併の効果ではないか。近くても隣の祭りには案外興味がない人が多く、他の地域の住民が参加しにくい雰囲気もある。しかし、その壁を越えて東吉田の青年たちは、去る27日に行われた清川天保神社の秋祭りに参加して交流を図った。今後も参加は続けていく方針だという。住民間に「同じ町に住んでいる」という仲間意識が芽生えているからこそ、こうしたつながりが進んでいくのだろう。
 その地域に伝わる文化を昔と変わらず守り続けることも大切だ。しかし、他地域の文化が混ざり合うことで素晴らしいものが誕生することもある。それは人々の交流も同じ。その環境こそが地域の力となる。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る