県ナース章に浪さんと竹内さん

 看護の向上に貢献した保健師、助産師、看護師、准看護師をたたえる県ナース章の受章者が決まり、ことしは県全体で13人が受章。日高地方関係では国保日高総合病院の総看護師長浪政美さん(56)=日高町阿尾=、日高町の医療法人楠山整形外科に勤務する准看護師竹内みち代さん(54)=美浜町和田=の2人が選ばれた。11月7日午前11時から県庁正庁で表彰式が行われ、仁坂吉伸知事から表彰状と純銀製のメダルが贈られる。
 浪さんは、高知県梼原(ゆすはら)町の出身で、同県内の看護学校を卒業後、大阪府立羽曳野病院に勤務したあと、昭和56年7月から日高病院に勤務。平成22年4月には副総看護師長、昨年4月からは総看護師長として、慢性的な看護師不足が続くなか、看護師個々の生活スタイルに合わせて職場環境を整えるワーク・ライフ・バランスの推進に努めている。現在、日高病院の常勤看護師は206人。そのトップとして、大きな課題に人材の確保を挙げ、「そのためにはやはり、働きやすい職場環境が重要になります。看護師不足も大きなピンチは過ぎたものの、まだまだ十分とはいえません。来年春の日高看護専門学校の開校に合わせ、看護師が仕事に意欲を持って、楽しめる職場環境づくりを進めたいと思います」という。今回のナース章には「これまで支えてくださった先輩、同僚、その他病院関係者の皆さまのおかげです。地域の人に喜ばれる病院にしていきたいですね」と話している。
 竹内さんは、中学校を卒業したあと日高准看護学院で2年間勉強し、昭和51年4月に資格を取得。同年から日高病院で勤務し、仕事をしながら授業を受けていた陵雲高校衛生看護科を53年に卒業した。日高病院で10年間働き、61年7月から現在の楠山整形外科で勤務している。ケガをした子どもからお年寄りまで幅広い患者に日々対応しており、「患者さんは不安で来院されるので、少しでも和らげられるよう笑顔で接することを心がけています」。この道一筋37年、責任のある仕事は大変なこともあるが「患者さんから、おかげでよくなりましたといってもらえたときは、この仕事をしてよかったと思います」と笑顔。平成9年には日高医師会長、15年には県医師会長から永年勤続表彰を受けている。受章に「あっという間でしたが、先生や同僚に恵まれ、助けていただいたおかげ。これからも健康でいる限り、ずっとこの仕事を続けていきたいです」とますます張り切っている。

関連記事

フォトニュース

  1. みんなで火の用心頑張ろうな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  2. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  3. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  4. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  5. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る