御坊市が空き店舗活用企業に助成検討

 御坊市は、来年度の新規事業で商店街の空き店舗を活用して店を出す起業家を対象に助成制度を創設するよう進めている。詳細は調整中だが、家賃と改修費用に対して限度額を設けて2分の1程度を補助。商店街では高齢化や後継者不足で空き店舗が年々増えているが、助成制度で起業家の出店に弾みがつけば、地域活性化につながりそうだ。
 現在、御坊市内商店街では全体の4分の1が空き店舗とされており、さらに60歳以上で後継者がいないところもあるため、今後はさらに空き店舗の増加が心配されている。空き店舗活用については以前から御坊市や御坊商工会議所地域活性化委員会などでも検討を進めており、空き店舗を家主から賃貸して店を出す起業家に助成する提案も出ていた。
 市商工振興課が検討している助成制度では、家賃と改修費の半分程度を市が負担。いずれも限度額を設ける。起業家を応援するという意味から家賃助成は最初の1年間、改修助成は1回のみを考えている。家賃については家主との交渉で決まる上、店舗面積や築年数も違うため相場は分からないが、本町の障害者福祉店シャベローゼは月額10万円程度となっている。助成を行うかどうかは、関連団体で審査会のような組織を立ち上げ、そこが推薦した場合とする。同じような助成制度は、県内で和歌山、海南、田辺、新宮の4市がすでに導入しており、例えば和歌山は家賃の2分の1、限度額5万円の助成となっている。ただ、国と県にこの種の補助制度がないため、いずれも各自治体の単独負担となる。
 今後は11月に策定する市総合計画実施計画の中に助成制度の内容を盛り込み、具体化していく。現在、商店街では空き店舗を活用して古着屋やカフェをオープンしている若手起業家も何人かいるが、助成制度で拍車がかかると期待されている。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅はとっても体にいいんだよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る