命を守る判断力を養おう

 10年に1度の勢力といわれた台風26号は、幸い日高地方には大きな影響はなかったものの、東京の伊豆大島が受けた甚大な被害は皆さんも承知の通り。火山独特の地形に記録的な豪雨がもたらした悲劇との見方がある。過去に何度も土石流被害に見舞われ、災害対策もかなり行われていたにもかかわらずこれだけの被害が出たのはまさに想定外の雨量というほかない。それにしてもここ数年、想定外の災害ばかり発生しているように思う。南海トラフの巨大地震では日高地方にも15㍍以上の津波が想定されているが、本当に想定内に収まるのか不安になってくる。
 今回の伊豆大島の土石流、地元の行政が避難勧告・指示を出さなかったと批判的な意見も聞かれた。想定外の雨が降りつけ、真っ暗闇の中で避難させると二次災害の恐れもあると地元町長が説明していた意見もよくわかる。一方で避難させていれば助かった命があったかもしれないとの見方も当然あるだろう。判断の難しさは素人の筆者でも想像できる。それは避難させるかさせないかだけでなく、自身が避難するかしないかの判断でもある。たとえ勧告や指示が出ても避難するかどうか、できるかできないかは個人の判断。これは今回のことに限らず、あらゆる地域、あらゆる災害でもあてはまることだ。今後生かしていかなければならない教訓の一つだろう。
 批判や責任の所在を明確にすることも必要かもしれないが、行方不明者の捜索に全力を挙げることと、どうすれば被害を最小限にくい止められたかの検証が先決だろう。日本の遠く南の海では台風27号が発生した。命を守る判断を意識していきたい。     (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る