龍神村に爺婆の店オープン

 県の過疎集落支援総合対策事業で、田辺市龍神村柳瀬地内に地元の産品を売り出す直売所「村の爺婆(じじばば)の店 まあはいらんせ」がオープンした。安井地内の龍神地域振興館の一部を改修した加工場でつくったサトイモコロッケなどが並ぶ。運営する「村の爺婆会」(辻達行代表、29人)の会員は大半が70歳以上で、辻代表は「直売所は高齢者の生きがい」と笑顔で話している。営業日は基本的に土日曜日(午前9時から午後4時まで)。
 龍神村は昨年度に県の過疎対策総合事業に指定され、本年度から3年間にわたって県の補助を受けながら過疎対策事業に取り組んでいる。今回の直売所もその一環。龍神地域振興館1階の一部(約50平方㍍)を改修し、作業所と倉庫を備えた加工場を設けた。直売所は、加工場から約3㌔離れた国道424号と県道田辺龍神線の交差点付近の市有地に新設した。木造平屋で約20平方㍍。
 基本的に加工場でつくられた商品を販売する形で、村の特産のサトイモをつかった商品などが並んでいる。サトイモコロッケのほか、サトイモとあんを合わせて入れたもち、サトイモの茎(ズイキ)を使った巻き寿司などが出店され、開店が近づくと、村の爺婆会のメンバーがボランティアで仕込みを行っている。オープン初日の13日には、大勢が来場してにぎわった。
 辻代表は「加工作業などの時は和気あいあいとした雰囲気で、みんな楽しみながら取り組んでいる。今後も商品開発を進め、村のおいしい食材をPRしていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る