龍神村に爺婆の店オープン

 県の過疎集落支援総合対策事業で、田辺市龍神村柳瀬地内に地元の産品を売り出す直売所「村の爺婆(じじばば)の店 まあはいらんせ」がオープンした。安井地内の龍神地域振興館の一部を改修した加工場でつくったサトイモコロッケなどが並ぶ。運営する「村の爺婆会」(辻達行代表、29人)の会員は大半が70歳以上で、辻代表は「直売所は高齢者の生きがい」と笑顔で話している。営業日は基本的に土日曜日(午前9時から午後4時まで)。
 龍神村は昨年度に県の過疎対策総合事業に指定され、本年度から3年間にわたって県の補助を受けながら過疎対策事業に取り組んでいる。今回の直売所もその一環。龍神地域振興館1階の一部(約50平方㍍)を改修し、作業所と倉庫を備えた加工場を設けた。直売所は、加工場から約3㌔離れた国道424号と県道田辺龍神線の交差点付近の市有地に新設した。木造平屋で約20平方㍍。
 基本的に加工場でつくられた商品を販売する形で、村の特産のサトイモをつかった商品などが並んでいる。サトイモコロッケのほか、サトイモとあんを合わせて入れたもち、サトイモの茎(ズイキ)を使った巻き寿司などが出店され、開店が近づくと、村の爺婆会のメンバーがボランティアで仕込みを行っている。オープン初日の13日には、大勢が来場してにぎわった。
 辻代表は「加工作業などの時は和気あいあいとした雰囲気で、みんな楽しみながら取り組んでいる。今後も商品開発を進め、村のおいしい食材をPRしていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る