Art in 龍神村が開幕

 市町村合併前の旧龍神村が芸術を通じて地域おこしにつなげる「龍神国際芸術村構想」を立ち上げてから30周年の節目を記念した芸術祭「Art in 龍神村」(実行委員会主催・奥野誠委員長)が、12日から廃校となった旧甲斐ノ川小学校で始まった。21日まで。プロ作家24人が写真、切り絵などの作品を展示。期間中はジャズコンサートもあり、多彩に展開される。
 芸術活動を地域振興に役立てようと、昭和58年から旧龍神村が「国際芸術村」に取り組み始めた。以後、県内外から芸術家たちを招き入れ、作家たちが住むアトリエ住宅を建設。現在は全国各地から集まった約30人が移り住んで創作活動に取り組み、染織、陶芸、絵画、切り絵などと幅広い分野で活躍している。
 作品展は旧小学校の各教室を利用。豊かな表情を写した写真、木工家具、和紙でつくったオブジェなどがずらりと並んだ。来場者らは1点ずつゆっくりと鑑賞。上富田町から訪れた男性(62)は「以前に中学で技術科の教師をしていたことがあった。漆塗りなどの作品を見ていると、こういう風な作品をつくれたらと思いますね」と話していた。奥野実行委員長は「龍神村に住んでいる作家、龍神村で育った作家、そして彼らとつながりのある作家たちの作品が並んだ。30年という長い歴史の中で地域に育った文化力の表れ。みんなで芸術を共有してもらいたい」と、来場を呼びかけている。
 期間中は各種体験教室やコンサートなども用意。通常の展示時間は午前10時から午後5時までだが、12~15日、19・20日はナイト・ギャラリーとして午後9時までとなる。詳しくは奥野さん℡78-0185か、事務局の蓑虫さん℡050―3444―4776まで。

関連記事

フォトニュース

  1. 真っ向勝負!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る