印南のメガソーラー 11月にも稼働へ

 印南町本郷地内の町有地「外ケ濱埋め立て地」と美里地内の県畜産試験場跡地で進められているメガソーラー計画「龍谷ソーラーパーク」は、パネルの設置工事が進み、11月中にも稼働をスタートする。印南町と龍谷大学、民間企業など5団体が連携して取り組む事業で、売電による利益を地域に還元する全国初の地域貢献型。スタートに合わせて式典の実施も計画している。
 地域貢献型メガソーラーは地域社会の中で売電収入を循環させ、地域の課題解決や活性化につなげようとする取り組み。事業主体は、この事業のために設立した龍谷大学の准教授が代表を務める非営利型の㈱PLUS SOCIAL(本社=京都)。龍谷大学が投資し、京セラがパネル供給・保守管理、印南町は町有地を21年間有償貸与、信託事業としてトランスバリュー信託㈱(本社=東京)も携わる。
 発電規模は埋め立て地で出力約1200キロワット、美里で約600キロワット、龍谷大深草キャンパス屋上に約50キロワットのパネルを設置し、合計約1850キロワット。年間発電量は約190万キロワット時で約600世帯分の電力に相当。総事業費は約7億円で、半分を龍谷大学が投資し、半分は金融機関からの融資で賄う。
 売電で得た利益は京都、和歌山、印南町の市民活動やボランティア活動団体などに寄付する。売電額は計画している20年間で十数億円を見込んでいるが、設置費の返却や管理費などの経費を引くため、寄付する収益は20年間で約5億円を見込んでいる。
 印南町には借地料として年間約300万円が支払われるほか、龍谷大学と協力して小中学生の環境教育の実施や、地域貢献型メガソーラー先進地として視察や修学旅行の受け入れなどによる地域活性化効果が期待されている。
 工事では埋め立て地に4800枚、美里に2500枚、龍谷大キャンパスに250枚の太陽光パネルを設置。工事は着々と進み、龍谷大では設置が完了。外ケ濱埋め立て地も一部が完成し、残る個所と美里で設置を進めている。
 完成後は完工式を予定しており、事業関係者はじめ、来賓として行政関係者らの招待を計画している。

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る