祭りを大いに楽しもう

 朝晩の涼しげな風にようやく秋の訪れを感じられるようになってきた。9月も前半が終わり、日高地方は各地で秋祭りの練習が本格化してきた。それにしても日高には祭り好きが多い。祭りの話になると顔がほころび、わが町、わが組の祭り自慢が始まる。そんな方々と話をしているだけで楽しくなってくる。祭りに参加している若衆もみな、いい顔をしている。五穀豊穣や大漁に感謝するのが始まりで、獅子舞や習わしなどはおそらく長い歴史の中で少しずつ変わってきているだろうが、まちの人が集まり、いい顔をして楽しむ、祭りの本質は昔から変わっていない。
 そんな地域の一大イベントも、少子化、娯楽の多様化で参加人数は少しずつ減っているのは否めない。サラリーマンが増え、とくに地元を離れている人は休みたくても休めないことも要因の一つになっている。奇祭で有名な日高町阿尾のクエ祭も、名物のクエ押しを中止するなど規模が縮小される。いまはまだ大丈夫でも、20年、30年先、祭礼内容の変更を余儀なくされる地域が出てくるかもしれない。そうならないために、いま何ができるだろうか。
 将来、いまの子どもたちが地域を背負って立つのはいうまでもない。祭り好きな子どもたちを増やすことに尽きるだろう。増やすといっても、誰かが誰かに好きになる教育をするわけではないし、口で教えても楽しさは伝わらない。祭りの魅力は見て、聞いて、触れて、感じるものだ。地域を挙げてのにぎわい、楽しそうな大人の表情は子どもたちに伝わるだろう。オリンピックではないが、参加することが祭りを守る。ということで皆さん、ことしも大いに楽しみましょう。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る