県警が詐欺被害防止へコールセンター

 県内でも多発している振り込め詐欺の新しい抑止対策として、県警は17日から、NTT西日本の子会社とタッグを組んで電話で被害防止を呼びかける「コールセンター」の運用をスタートさせる。狙われやすい高齢者宅などに直接、オペレーターが電話をかけて「必ず儲かりますというような電話は来ていませんか」などと注意喚起する。県警では「1人でも被害者を減らしたい」と期待している。
 県警によると、県内では昨年1年間、85件の振り込め詐欺(特殊詐欺含む)が発生し、被害額は約4億6000万円にのぼっている。ことしは1月から8月末現在、44件の被害があり、8割近くが高齢者。これまでの分析から、手口等の知識のない人が被害に遭うケースが圧倒的で、きめ細かい啓発が課題となっていた。そこで、県警が㈱エヌ・ティ・ティマーケティングアクト関西支店に業務を委託し、県内の高齢者を中心に電話をかけて直接注意を促すコールセンターの運用を始めることにした。プロのオペレーターが「ロト6の当選番号を教える」「必ず儲かる未公開株がある」「損をした分の払い戻しがある」など実際に発生している詐欺の手口を丁寧に説明し、「必ず儲かるというような甘い言葉にだまされないようにしてください」と訴えていく。一日で約300人に電話をすることにしている。詐欺電話は流出した卒業名簿などを使って集中的に行われるケースが多く、過去の事件で押収した名簿はほかでも流出している可能性があることから優先的に注意喚起するほか、不審な電話が相次いでいる地域を把握すれば犯人よりも先に電話をかけて被害防止につなげていく。
 運用にさきがけ、13日には大阪市のコールセンターで訓練が行われ、オペレーターが「もしもし、和歌山県警察の詐欺被害防止コールセンターです」などと練習を重ねていた。
 事業は来年3月14日まで。県警生活安全企画課では「17日以降、オペレーターから電話がかかってくるかもしれないことをまずは知ってほしい。1件でも被害減につなげていきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. いたずらしちゃうよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る