分かろうと無理をせず

 「え、芸術祭を見に来たんじゃないんですか。今年になって、芸術祭以外で来られた観光客の方に初めてお会いしました」。先月、短い夏休みをもらって四国をうろついた際、高松の小さなラーメン屋の大将と話をしながら、はるばる香川まで来た目的が開催中の国際芸術祭ではないことを知って驚いた大将の言葉。芸術祭とは、瀬戸内の島を巡る3年に1度の瀬戸内国際芸術祭のことだった。
 この夏、直島では建築家安藤忠雄のミュージアム、前衛芸術家草間彌生の巨大なカボチャ、美術家大竹伸朗の銭湯などがあり、小豆島ではビートたけしとヤノベケンジのコラボ作品、伊吹島では和歌山出身のピアニスト・美術家向井山朋子のインスタレーションが人気を集めた。
 絵画も彫刻も、芸術とは「分かる人にしか分からない」世界であり、とくに瀬戸内のような現代アートの作品はどこのだれがどういう理屈でどう評価したのか、一見、子どもの落書きや積み木遊びと紙一重のものも少なくない。1つの評価がより高い評価、さらに高い評価へ、まるで株価のように見えない力が作用し合い、実態のない価値が上がり続ける。
 アートはやはり、頭で理解するものではなく、目で見て直感的に感じるもの。毒キノコのような巨大なカボチャを見て、「気色わる…」と思うか、「クールじゃん」と思うか。分からないものを「分からん」とあきらめず、無理に理解しようとした瞬間、現代アートのコマーシャリズムにはまってしまうのではないか。
 瀬戸内国際芸術祭は10月5日から秋開催が始まる。どの島で何を見るか、フェリーの時間も確認のうえ、計画をきっちりと立て、気軽にアートを感じてみてはいかがでしょう。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. これで気分も明るくなれば

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る