分かろうと無理をせず

 「え、芸術祭を見に来たんじゃないんですか。今年になって、芸術祭以外で来られた観光客の方に初めてお会いしました」。先月、短い夏休みをもらって四国をうろついた際、高松の小さなラーメン屋の大将と話をしながら、はるばる香川まで来た目的が開催中の国際芸術祭ではないことを知って驚いた大将の言葉。芸術祭とは、瀬戸内の島を巡る3年に1度の瀬戸内国際芸術祭のことだった。
 この夏、直島では建築家安藤忠雄のミュージアム、前衛芸術家草間彌生の巨大なカボチャ、美術家大竹伸朗の銭湯などがあり、小豆島ではビートたけしとヤノベケンジのコラボ作品、伊吹島では和歌山出身のピアニスト・美術家向井山朋子のインスタレーションが人気を集めた。
 絵画も彫刻も、芸術とは「分かる人にしか分からない」世界であり、とくに瀬戸内のような現代アートの作品はどこのだれがどういう理屈でどう評価したのか、一見、子どもの落書きや積み木遊びと紙一重のものも少なくない。1つの評価がより高い評価、さらに高い評価へ、まるで株価のように見えない力が作用し合い、実態のない価値が上がり続ける。
 アートはやはり、頭で理解するものではなく、目で見て直感的に感じるもの。毒キノコのような巨大なカボチャを見て、「気色わる…」と思うか、「クールじゃん」と思うか。分からないものを「分からん」とあきらめず、無理に理解しようとした瞬間、現代アートのコマーシャリズムにはまってしまうのではないか。
 瀬戸内国際芸術祭は10月5日から秋開催が始まる。どの島で何を見るか、フェリーの時間も確認のうえ、計画をきっちりと立て、気軽にアートを感じてみてはいかがでしょう。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る