報道が悪ふざけの連鎖を生む

 コンビニのアルバイトがアイスのショーケースに入ったり、ステーキ店の店員が店の冷蔵庫に入ったり、若者がSNSに公開する悪ふざけが話題となっている。友達のウケを狙ってバカなことをし、それを見た友達も「オレもいっちょ…」とさらにエスカレートしたおバカぶりを発揮。まさに「バカの連鎖」のこの状況、飽きもせずけっこう長く続いている。
 これらの悪ふざけで迷惑しているのは店側で、コンビニや飲食店は本人の顔から店が特定され、休業、閉店、なかにはフランチャイズ契約解除にまで至ったケースがあるという。たしかに、店員がケースの中に入ったアイスは買う気がしないし、冷凍庫に入った肉は食べる気がしないが、商品を入れ替えて消毒すれば済む話であって、休業、閉店までしなければならないほどのことか。一連のニュースを見ていると、企業や店側の過剰な反応に首をかしげてしまう。
 責められるべきは第一に当の若者だが、「今度は○○です」とのコメントでCMをまたぎ、模倣犯続出の悪ふざけを取り上げるテレビの「模倣報道」も反省すべき点は大きい。一時はやった荒れる成人式、街中の落書きも、当時はテレビや新聞がいまのSNSがわりだったわけで、気分の悪い、酒を飲んで警官ともめるニュース映像が無能な若者に「輝くステージ」を提供していたことを思い返さねばならない。
 政治、文化、スポーツ、事件事故…世の中にはいろんなニュースがあり、報道する側はそれぞれの素材に合わせた加工の仕方がある。人を傷つけたり、毒物を混入したわけでもない今回のような「いちびり」をいちいち大きく扱うことが、被害者側の対応を含め、社会を歪める一因になっていないだろうか。  (静)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る