W1グランプリ はないちご農園のアイスが王者に

 県内の特産品や県産食材を使った食べ物が一堂に集まり、訪れた人の投票でナンバーワンを決定するまちおこしイベント、「こころきらりVol2 たからもの W―1 グランプリ」が1日、田辺市の県立情報交流センターで開かれ、スイーツの部で美浜町田井のはないちご農園(田渕道人代表)が出品した「松いちごのクラッシュアイス」が見事、グランプリを受賞した。
 W―1グランプリは今回が初めての試みで、フードとスイーツの2部門があり、来場者は食材、味、パフォーマンスなどを総合的に判断し、それぞれ1点ずつ投票。スイーツ部門は田辺市のカフェレストラン、和歌山市のクレープ移動販売業者など8事業者がパン、手作りパイ、無添加いちごジャム、トルコアイスと和歌山名産物のコラボアイスなどを出品した。
 はないちご農園は、煙樹ケ浜松林の松葉を混ぜた堆肥(松堆肥)を使って、県のオリジナル品種「まりひめ」を栽培しており、今回は砕いた冷凍いちごとバニラアイス、いちごソースが絶妙の食感を生み出す「松いちごのクラッシュアイス」を出品。飲食店やスイーツ専門業者のメニューを抑え、見事、初代王者に輝いた。
 田渕さん(39)は4年前に脱サラ後、高設と土耕栽培のいちご専門農家として就農した。クラッシュアイスは6月から11月にかけてのシーズンオフにもいちごの味を楽しんでもらいたいと、ジャムやソースに続いて商品化。今回のグランプリについては「うち以外は専門の業者さんばかりでしたし、まさかグランプリをいただけるとは」とびっくり。7日の煙樹ケ浜フェスティバル(煙樹海岸多目的広場)でも販売する。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る