直川さん イタリアプロサッカーチームの会長に

 プロサッカー選手として世界各国で活躍した由良町出身の直川公俊さん(29)が、イタリアのプロサッカーリーグ・セリエD所属のリカータ・カルチョの会長に日本人で初めて就任した。リカータ・カルチョはシチリア島を拠点に創立から82年の歴史がある老舗クラブ。直川さんはトップとしてチームの補強や経営の陣頭指揮を取っていくことになり、「セリエC昇格を目指す」と新天地での活躍を誓っている。
 ブラジルやヨーロッパ各国、アフリカなどでサッカー修行しプロ選手として活躍した直川さんが、今後はクラブのマネジメントに乗り出す。
 以前からクラブ経営に興味があり、親交があるカメルーン代表のエトー選手の代理人が以前、リカータ・カルチョに所属していたことなどから、会長に就任することになった。「町は海の近くにあり、魚介類がすごくおいしく、潮の香りが心地よくて由良の雰囲気に似ているのもここを選んだ理由」という。現在はJリーグ・ジュビロ磐田やヴァンフォーレ甲府などでプレーした犬塚友輔選手と林洋人選手という実力のある日本人2人も所属しているほか、ベルギー2部やセリエBからも選手を獲得するなどすでに補強を行っている。「セリエDといっても全員がサッカーで生活しているプロ選手。試合にも毎回3000人以上がスタジアムに足を運んでくれる熱狂的な地域で、まずは地元サポーターの皆さんから信頼され、応援してもらって選手のモチベーションを上げていきたい」と意気込んでおり、間もなく開幕するリーグへ向け「初めてのことですが、セリエCに昇格するという目標へ頑張りたい」と抱負を語っている。
 直川さんは小学4年から地元由良FCでサッカーをはじめ、立正大淞南高校時代は全国高校サッカー選手権に出場を果たした。その後は単身、海外でのサッカー修行に出て、ブラジルやイタリアなどで経験を積み、2004年にはポーランド1部リーグのグールニク・ザブジェと契約。2007年にカメルーン1部リーグのキャノン・ヤウンデでプレーしたことがきっかけでカメルーンとの結びつきが深く、現役引退後は同国のサッカー組織に所属してチャリティーマッチやサッカーイベントを企画・開催する仕事に携わっていた。

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る