湧き出る力の根源は感動

 「私がここにいるのは、スポーツによって救われたからです。スポーツは私に人生で大切な価値を教えてくれました」。こう話したのは女子陸上選手でパラリンピック選手でもある佐藤真海さん。今月初めにアルゼンチンのブエノスアイレスで開かれたIOC総会のオリンピック最終プレゼンテーションで、自身が大きな影響を受けたスポーツの力を訴えた。
 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市出身。中学校で陸上競技を始め、仙台育英学園高等学校から早稲田大学へ進学。応援部チアリーダーとして活動していたが、平成14年に骨肉腫で右足膝以下を切断。リハビリを行い、アテネ、北京、ロンドンのパラリンピックに出場した。辛い過去を跳ね除け、北京大会では6位入賞を果たした。
 プロ野球界でも先日、パ・リーグの東北楽天ゴールデンイーグルスが球団創設9年目で初のリーグ優勝に輝いた。23年には、東日本大震災で本拠地のある仙台などが未曽有の被害に見舞われたが、苦難を乗り越えて今回の優勝につながった。震災直後からいろんな人たちが被災地に力を与えたいと現地入りしているが、今回の優勝もファンにとっては最高の喜びで、今後の復興や前向きに生きる力となり得るだろう。
 力を与えるのは、スポーツの世界だけでない。音楽や芸術も同じ。小さなレベルだが、筆者も力をもらったことがいままでにたくさんある。学生時代の友人の考え方だったり、読んだ小説だったりする。与える力の根源は魅力や感動。人それぞれで感じ方は違うが、少しでも他人に力を与えることができるような人になれれば素晴らしい。    (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. つながり絶やさぬ社会へ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る