県の新降水予測システムが運用開始

 2年前の台風12号豪雨を教訓に、県は市町村が発信する住民避難情報の判断をより早く、詳細なデータを基に下せるよう、全国の自治体で初の気象予測システムの運用を開始した。従来の気象庁の情報に加え、市町村ごとによりきめ細かなエリアで、日本気象協会が提供する降水量予測を長時間と短時間に区別し、インターネットで24時間、確認することができる。
 県は台風12号豪雨を教訓として、昨年10月に避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成のモデル基準を策定。今回の新システムはこのモデル基準と合わせ、市町村がより的確に避難勧告等を発信できるようにすることを目的としている。
 県が従来運用してきた気象庁の短時間降水予報は最長6時間先までだったが、新しく導入したシステムは県内の市町村ごとに短期予測と長期予測の2種類を表示。短期予測は1㌔四方のエリアで最大3時間先までの10分間雨量を10分ごとに、長期予測は5㌔四方のエリアで最大51時間先までの時間雨量を3時間ごとに見ることができる。また、降水予測エリアは短時間予測が13段階、長時間予測は14段階に色分けされて表示され、クリックすれば今後の予測のほか、過去72時間の累積雨量も表示される。
 県は新気象予測システムの運用開始に伴い、25日に市町村の防災担当者を対象とした説明会を開いた。町内に椿山ダムがあり、先の台風18号ではダムより下流域(入野・若野地区まで)住民を対象に避難勧告を出した日高川町の防災担当職員は、「報道では51時間先までの予測が表示され、より早く避難勧告等を判断できるということに関心が向いているようだが、いくら早く避難勧告を出せたとしても、警報も出ていない段階から避難勧告を出しても住民は避難しないという現実がある。これからも、避難勧告や避難指示を出すタイミングはそれほど大きな違いはないと思う。それよりも、気象庁の情報だけでなく、よりきめ細かなエリア、時間の予測をいつでも、自分たちで見ることができるということの方が意義は大きい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. あでやかに大変身

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る