県の新降水予測システムが運用開始

 2年前の台風12号豪雨を教訓に、県は市町村が発信する住民避難情報の判断をより早く、詳細なデータを基に下せるよう、全国の自治体で初の気象予測システムの運用を開始した。従来の気象庁の情報に加え、市町村ごとによりきめ細かなエリアで、日本気象協会が提供する降水量予測を長時間と短時間に区別し、インターネットで24時間、確認することができる。
 県は台風12号豪雨を教訓として、昨年10月に避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成のモデル基準を策定。今回の新システムはこのモデル基準と合わせ、市町村がより的確に避難勧告等を発信できるようにすることを目的としている。
 県が従来運用してきた気象庁の短時間降水予報は最長6時間先までだったが、新しく導入したシステムは県内の市町村ごとに短期予測と長期予測の2種類を表示。短期予測は1㌔四方のエリアで最大3時間先までの10分間雨量を10分ごとに、長期予測は5㌔四方のエリアで最大51時間先までの時間雨量を3時間ごとに見ることができる。また、降水予測エリアは短時間予測が13段階、長時間予測は14段階に色分けされて表示され、クリックすれば今後の予測のほか、過去72時間の累積雨量も表示される。
 県は新気象予測システムの運用開始に伴い、25日に市町村の防災担当者を対象とした説明会を開いた。町内に椿山ダムがあり、先の台風18号ではダムより下流域(入野・若野地区まで)住民を対象に避難勧告を出した日高川町の防災担当職員は、「報道では51時間先までの予測が表示され、より早く避難勧告等を判断できるということに関心が向いているようだが、いくら早く避難勧告を出せたとしても、警報も出ていない段階から避難勧告を出しても住民は避難しないという現実がある。これからも、避難勧告や避難指示を出すタイミングはそれほど大きな違いはないと思う。それよりも、気象庁の情報だけでなく、よりきめ細かなエリア、時間の予測をいつでも、自分たちで見ることができるということの方が意義は大きい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る