龍神村に急速充電器 日産と県が支援

 県と日産自動車㈱(本社・神奈川県)は共同で、田辺市龍神村福井、道の駅「水の郷日高川 龍游」に電気自動車・プラグインハイブリッド車の急速充電器1基の設置を支援する。重点整備対象「X軸ネットワーク道路」が交差する地点で、電気自動車の普及に役立つ環境を整える。22日に岩出市で会見があり、同社の志賀俊之最高執行責任者は「自然豊かな龍神を、環境にやさしい電気自動車で訪れてほしい」と話した。
 道の駅「水の郷日高川 龍游」は国道424号沿いにあり、県のX軸ネットワーク道路の中心付近。県は次世代自動車充電インフラ整備を進めており、県内では主要高速道路などのサービスエリアやガソリンスタンドなど17カ所に急速充電器を配備しているが、今後も環境保全やエネルギー確保を行うためインフラ整備を進めていく方針。
 一般的に、急速充電器は空の状態から15~20分程度で8割程度補給できるといわれている。設置場所の小売店などでは集客や滞在時間が長くなるため、消費増につながるという。
 村内に急速充電器が設置されるのは今回が初めて。費用は570万円で、全体の3分の2が国、4分の1が日産自動車、残る12分の1が県の補助となる。今後入札などを行い、本年度中に設置される。
 会見では、仁坂知事が県内の整備状況などを説明し「電気自動車が手軽になりつつある時代。普及させるためには充電器の整備が必要で、今後も設置を進め、将来的には主要幹線道路の20㌔に1カ所程度設置したい」と述べた。和歌山県出身でもある志賀氏は「日産自動車が支援して設置するのは全国で初めて。和歌山県で最初に実施できて、とてもうれしく思う。龍神をはじめ高野地域など、県内には豊かな自然を満喫できる場所が多い。排気ガスの出ない、環境にやさしい自動車に乗ってドライブを楽しんでもらいたい」と語った。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る