龍神村に急速充電器 日産と県が支援

 県と日産自動車㈱(本社・神奈川県)は共同で、田辺市龍神村福井、道の駅「水の郷日高川 龍游」に電気自動車・プラグインハイブリッド車の急速充電器1基の設置を支援する。重点整備対象「X軸ネットワーク道路」が交差する地点で、電気自動車の普及に役立つ環境を整える。22日に岩出市で会見があり、同社の志賀俊之最高執行責任者は「自然豊かな龍神を、環境にやさしい電気自動車で訪れてほしい」と話した。
 道の駅「水の郷日高川 龍游」は国道424号沿いにあり、県のX軸ネットワーク道路の中心付近。県は次世代自動車充電インフラ整備を進めており、県内では主要高速道路などのサービスエリアやガソリンスタンドなど17カ所に急速充電器を配備しているが、今後も環境保全やエネルギー確保を行うためインフラ整備を進めていく方針。
 一般的に、急速充電器は空の状態から15~20分程度で8割程度補給できるといわれている。設置場所の小売店などでは集客や滞在時間が長くなるため、消費増につながるという。
 村内に急速充電器が設置されるのは今回が初めて。費用は570万円で、全体の3分の2が国、4分の1が日産自動車、残る12分の1が県の補助となる。今後入札などを行い、本年度中に設置される。
 会見では、仁坂知事が県内の整備状況などを説明し「電気自動車が手軽になりつつある時代。普及させるためには充電器の整備が必要で、今後も設置を進め、将来的には主要幹線道路の20㌔に1カ所程度設置したい」と述べた。和歌山県出身でもある志賀氏は「日産自動車が支援して設置するのは全国で初めて。和歌山県で最初に実施できて、とてもうれしく思う。龍神をはじめ高野地域など、県内には豊かな自然を満喫できる場所が多い。排気ガスの出ない、環境にやさしい自動車に乗ってドライブを楽しんでもらいたい」と語った。

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いしま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る