福井文科副大臣が日高高校を訪問

 文部科学省の福井照副大臣が20日に来坊し、二階俊博代議士の案内で平成26年に創立100周年を迎える日高高校を視察した。SSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)や電子黒板を使った授業を見学し、「ハイレベルな内容ですごい」と感心。二階代議士とともに、同校が100周年を機に一層飛躍するよう期待も込めた。
 日高高校では上田優人校長や創立百周年記念実行委員会の山下眞玄委員長、同校同窓会の津村尚志会長、教育関係者ら17人も参加。同校3年生や日高附属中2、3年生合わせて5クラスの授業をそれぞれ視察した。生物の授業ではタンポポのDNA検出、社会では電子黒板を使った公共福祉の学習、化学では気体の分子量測定などが行われており、福井副大臣は「私の時代と比べると、授業内容はすさまじい進歩。実験機器もちょっとした研究所並みのものがそろっている。日高高校の生徒はうらやましいぐらい」などと、ハイレベルな授業に見入っていた。また、災害に関する授業をしていた日高附属中2年B組の授業では、飛び入りで教壇に立ち「マグニチュード9の地震が3分間続けば必ず津波が発生する。自分の命は自分で守ろう。命があれば夢は達成できる」などと、ミニ講義も披露した。
 このあと、図書館棟に移動して「強くしなやかな日本の教育の再生」をテーマに講演。教諭、PTA、教育委員会の関係者ら150人が聴講した。
 終了後に二階代議士もマイクを手にし、地震対策などで語ったあと、「全国で体罰が問題になっているが、政治も教育もハートが大切。日高高校の100周年に際し、東京在住のOBとも連携して盛り上げていきたい。日高高校が一段と飛躍できるよう頑張ろう」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. 梅業界の発展を願って

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る