どやっ! 43キロのヤイトハタ

 これはでかい! 御坊市湯川町富安、会社員北野高輝さん(49)がこのほど、沖縄県宮古島でクエの仲間として知られる超大物のヤイトハタを釣り上げ、話題となっている。
 ヤイトハタは体にやいと(お灸)をすえたような斑点があるのが特徴。沖縄県では方言で「アーラミーバイ」と呼ばれており、同県は太公望らの間で有名な釣り場となっている。北野さんは釣り歴30年のベテランで、パワー勝負となる大物釣りの魅力に取りつかれて年間7、8回は宮古島で釣り糸を垂らすが、自身今回のような大物は初めて。重さ43㌔、体長1・29㍍、鍋にすれば100人前以上は取れるサイズで、現地では年に1、2匹出るかどうかの代物だ。また、漁船だと大物が水揚げされることもあるが、磯から竿での一本釣りというのも珍しかった。100号の釣り糸や拳ほどもある特大のハリを使って、アジやサバをえさにする。ヤイトハタの釣りはまさに力と力の勝負。少しでも糸を緩めると、岩場で糸がこすれて切れてしまうため、強烈な引きと重さに耐えながらリールを巻き上げる。今回、ヒットしたときには、竿にずしんと来る重みに全身の筋力を使ってじっと我慢しながら魚が弱ったところで一気に巻き上げるというのを繰り返して、10分ほどで釣り上げたという。
 ヤイトハタはクエのように食べると美味な魚としても知られるが、あくまで釣ることを楽しみとする北野さんは、せっかくの釣果を惜しげもなく、現地の知り合いの民宿にプレゼント。「ヤイトハタの釣りは糸が切れるか、竿が折れるか、そして釣り上げるかのいずれかしかない。けた違いのパワーは、他の釣りにはない魅力」とさらなる大物を狙っている。

関連記事

フォトニュース

  1. Run away!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る