どやっ! 43キロのヤイトハタ

 これはでかい! 御坊市湯川町富安、会社員北野高輝さん(49)がこのほど、沖縄県宮古島でクエの仲間として知られる超大物のヤイトハタを釣り上げ、話題となっている。
 ヤイトハタは体にやいと(お灸)をすえたような斑点があるのが特徴。沖縄県では方言で「アーラミーバイ」と呼ばれており、同県は太公望らの間で有名な釣り場となっている。北野さんは釣り歴30年のベテランで、パワー勝負となる大物釣りの魅力に取りつかれて年間7、8回は宮古島で釣り糸を垂らすが、自身今回のような大物は初めて。重さ43㌔、体長1・29㍍、鍋にすれば100人前以上は取れるサイズで、現地では年に1、2匹出るかどうかの代物だ。また、漁船だと大物が水揚げされることもあるが、磯から竿での一本釣りというのも珍しかった。100号の釣り糸や拳ほどもある特大のハリを使って、アジやサバをえさにする。ヤイトハタの釣りはまさに力と力の勝負。少しでも糸を緩めると、岩場で糸がこすれて切れてしまうため、強烈な引きと重さに耐えながらリールを巻き上げる。今回、ヒットしたときには、竿にずしんと来る重みに全身の筋力を使ってじっと我慢しながら魚が弱ったところで一気に巻き上げるというのを繰り返して、10分ほどで釣り上げたという。
 ヤイトハタはクエのように食べると美味な魚としても知られるが、あくまで釣ることを楽しみとする北野さんは、せっかくの釣果を惜しげもなく、現地の知り合いの民宿にプレゼント。「ヤイトハタの釣りは糸が切れるか、竿が折れるか、そして釣り上げるかのいずれかしかない。けた違いのパワーは、他の釣りにはない魅力」とさらなる大物を狙っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 丁寧、誠実がモットーです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る