10月 由良町でシーカヤック大会

 由良町の由良港周辺から白崎海岸にかけて、10月6日に「第2回由良の海・自衛艦一周シーカヤックマラソン大会」が開かれる。風光明美な由良の海を全国に発信し、子どもたちに豊かな海の文化を学ぶ機会を提供することなどを目的に、町と町内各種団体がスクラムを組んで昨年に続いて2回目の開催。タイムトライアルレース12部門が用意されており、今月20日まで参加申し込みを受け付けている。
 主催は町と、町内各種団体で組織する同大会実行委員会(馬場博文実行委員長)。コース上には海上自衛隊の自衛艦も配置、海上自衛隊活動に理解を深めてもらうとともに、ライフジャケットやヘルメットの正しい装着法の普及にも一役買う。
 上級者部門は、阿戸の海上自衛隊由良基地から海釣り公園橋下、大引の立巖(たてご)の往復で、距離は約12㌔。復路で自衛艦を1周する。男子の部として、いずれも1人乗りでツーリング艇A(全長4・5㍍以下)、ツーリング艇B(全長4・5㍍~5・5㍍)、レース艇(船種は問わない)の3部門。女子の部も同様に3部門。その他、2人艇の部もある。参加資格は18歳以上の健康な男女で、セルフレスキューができること。
 初級者部門は、由良基地から海釣り公園橋下、自衛艦の往復約5㌔。自衛艦を1周する。部門は男子の部として、いずれも1人乗りでツーリング艇A、ツーリング艇B(A、Bとも全長の規定は上級者部門と同じ)。女子の部も男子の部と同様に2部門で、2人艇の部もある。対象は小学生以上の男女。小学生の参加は2人艇の部のみとなり、保護者が同乗すること。
 参加費は選手1人につき8000円、小学生は3000円。弁当代と保険料が含まれる。初級者部門では有料でシーカヤック一式(艇、ライフジャケット、パドル、スカート)のレンタルも利用できる。参加者には全員に記念品を贈呈。各部門とも3位まで表彰。
 当日は午前7時半から9時まで受け付け。10時に競技開始。午後2時から表彰式を行う。参加申し込みの受け付けは、締め切り日前でも100艇に達した時点で終了となる。問い合わせは役場産業建設課℡65-1203へ。町観光協会のホームページでも大会要項などが閲覧できる。

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る