紀南児童相談所が新庄町に移転

 県は、老朽化が進んでいた紀南児童相談所を田辺市明洋から同市新庄町に移転新築した。木造平屋建て(延べ床面積730平方㍍)で、紀州材をふんだんに使った温かみのある安らぎ空間。育児などで相談しやすい環境が充実した。来月9日には竣工式を行い、その後に引っ越し作業。24日から新事務所で業務が開始となる。
 児童相談所は養護、障害、非行、不登校、里親など18歳未満の児童についての相談に対応する。以前の施設は国道42号の「市民球場前」交差点から東へ約200㍍の地点にあったが、本館は昭和42年、カウンセリングなどを行う治療棟は同49年建設で両施設とも築約40年が経過。老朽化が進み、治療棟については耐震化の必要もあった。加えて近くを通るJR鉄道の騒音、敷地面積が狭いこともネックとなっていた。
 このため、県は県立情報交流センター「ビッグ・ユー」の隣接地に移転させることを決定し、昨年7月から移転工事を開始した。新しい施設には相談室のほかプレイルーム、トレーニングルームなども完備。キッチンや和室、洋室などを完備した親子訓練室も用意し、虐待など問題がある親子が一時的紀南児童相談所が移転新築に日常生活を送り、家庭復帰後の健やかな親子関係構築をサポートできることなどが特徴。利用者はビッグ・ユーの図書館や飲食店を利用できる。
 総事業費は約2億7500万円(撤去費等含む)。竣工式は9日午前10時から現地で行われ、テープカットなどで完成を祝う。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る