避難所コーディネーター育成へ

 みなべ町は、近い将来発生が懸念されている南海地震や、ここ数年激増している集中豪雨などに備え、避難所運営マニュアルを作成した。例えば体育館なら、どのように居住スペースを配置するかなど具体的に示しているほか、避難者の健康や心のケア、ゴミの収集、ペットの取り扱いなど細かい部分にまで突っ込んで、どのような対応が必要か記している。大まかに目を通したが、今後非常に役立つだろうと感じた。町担当者がいう通り、広範囲な災害では現実問題として避難所は住民自らが運営していかなければならない。マニュアルができても、住民にどこまで浸透し、スムーズに活用できるかが今後の大きな課題になろう。
 東日本大震災をはじめ、過去の巨大地震でも避難所生活での健康被害はたびたび報道されてきた。薬がなく持病が悪化してしまう、車が津波で流されたため通院もできず避難所から動けない、救援物資としてパンが配布されたがアレルギーがあるため食べられない、プライバシーが守られずストレスがたまる。数え上げれば切りがないし、いずれも命にかかわってくる問題。災害から逃げ切るのが大前提で、これまで訓練といえば避難が中心だったが、今後は避難所生活を想定した訓練も必要になってくる。体育館で実際に寝泊まりしてみるのもいいかもしれない。訓練への参加者確保が難しい中、工夫が求められる。
 いずれにしても最も大事なのはリーダーシップを取る人の育成だ。マニュアルを作成するにとどまらず、自主防災組織らを対象に、避難所運営コーディネーター講座を開くなどして住民を専門家に養成する取り組みも進めてほしい。 (片)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る