濱口梧陵の教訓を再認識

 ここ数年のゲリラ豪雨で全国的に水害が多発し、鹿児島では桜島が噴火。近い将来大規模地震の発生も予想され、富士山の噴火も心配されている。異常な猛暑も続いているし、日本は大丈夫なのだろうか。そんな中、自然災害への対策の重要性はますます高まっているが、やはり先人の教えに学ぶことは大切である。
 先日、自民党政策集団「志帥会」の研修会が本県で開かれ、二階俊博会長が防災対策で所属国会議員にゲキを飛ばしていたが、その中で筆者も「ハッ」とさせられることがあった。「御坊に住んでいるから広川町の濱口梧陵のことを知らないでは、通用しない」と話していたからである。これは御坊市の成人式のあいさつでの言葉らしいが、なるほど防災の教えに地域の枠なんて関係ない。記者の仕事柄でついつい新聞発行のエリア内での物事に関心が集中してしまうためか、恥ずかしい話、濱口梧陵についても稲を燃やして津波の避難誘導の目印にしたぐらいのことしか知らなかった。
 少し紹介すると、濱口梧陵は紀伊国広村(現広川町)生まれ。醤油醸造業を営む濱口儀兵衛家(現・ヤマサ醤油)の7代目。安政南海地震の際には、稲に火をつけて津波の避難誘導を行い、村人の9割以上を救ったと伝えられているが、現代に向けて津波避難には迅速な情報伝達が必要という教訓を残してくれた。さらに、災害のあとは莫大な私費を投じて橋の修理など復旧に努め、今後の津波に備えて当時最大級の堤防も整備した。まさにいまで言う防災事業である。
 津波からの避難誘導、そして復旧、復興への道。時代が変わり、手法は違うかもしれないが、現代にも通用する地震対策のモデルだと、あらためて感じた。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る