戦争体験者の思い後世に

 本紙では今月7日付から終戦日となる15日付まで「終わらざる夏」として、日高地方の戦争経験者の体験談や戦争への思いを掲載した。筆者も昨年に続き担当し、2人の戦争体験を取材。2人とも国外の戦地には出ていないものの、10代のころから戦争に駆り出され、軍需工場で空襲におびえる日々や厳しい訓練など、戦争へのそれぞれの思いを語ってくれた。
 今回の連載に向け、早い段階から戦争経験者を探していたが、なかなか見つからなかった。戦地へ行ったり、軍需工場で働いていた人などを中心に探していたが、戦後68年となるいま、当時の兵隊や工員として招集された当時二十歳前後やそれ以上の人の年齢が、90歳前後と高齢になっているためだ。あと数年もすれば戦地へ行った人を見つけるのはより難しくなり、こういった話を聞ける機会も減るだろう。
 領土問題など戦争の影響はいまでも残り、外交を進める上での障害にもなっている。時代が流れるにつれ戦争が過去の出来事となり、また誰かが都合よく塗り替えているのか、真実がわかりにくくなってきている。情報のデータ化が進んでいる現代ですら、数十年後にはさまざまな出来事がいまとは違う解釈でとらえられているのかもしれない。
 ただどんなに時代が変わっても「戦争を繰り返してはいけない」ということは、後世に伝えていかなければならない。そのためにも戦争の残酷さやむなしさを身にしみて感じている戦争経験者の証言を、多くの人に知ってもらいたい。今後さらに体験者の高齢化が進むが、できる限り彼らの思いを活字に残し記録していきたい。   (城)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る