不審火か 白昼ビニールハウス全焼

 20日昼、印南町宮ノ前地内で、倉庫として使っていたビニールハウス1棟が全焼する火災があった。火の気がないことから不審火とみられ、去る15日から16日にかけての連続放火と同一犯の可能性が高いとみて、御坊署らが調べを進めている。住民らは「昼間にやるなんて、気が休まる時がない」と不安と怒りの声が上がっている。
 現場はアイテックから西約100㍍で、午後2時45分ごろ、近くを通り掛かった男性が黒い煙が上がっているのを発見。近づいて確認するとビニールハウスから火が出ており、119番通報した。日高広域消防と地元消防団が出動し、約1時間後に消し止めたが、パイプハウス約60平方㍍が全焼。中にあった花の栽培用ネットや段ボールなど農業資材も燃えた。ハウスは敷地内に3棟建っており、東端の1棟が全焼、真ん中の1棟のビニールも一部を焼いた。通報した男性によると、全焼したハウスの南東側の角が燃えていたらしく、すぐに全体に広がったという。所有者の男性は「火の気はないし、近くでたき火もしていない」と証言しており、何者かが火をつけた可能性が高い。北側は山、周りは田んぼがあるくらいで人目につきにくいが、約100㍍南側には交通量の多い県道があり、近くの切目川沿いでは工事も行われている。駆けつけた住民は「昼間で誰かに見られてもおかしくないほど大胆な犯行。早く解決してほしい」と願うように話していた。午後4時55分ごろには印南町と御坊市の境界付近の明神川地内で「煙が見える」との通報があり市、日高広域両消防、県警ヘリコプターが出動したが、火災は確認できなかった。
 町内では15日深夜から16日早朝にかけて、真妻や樮川、宮ノ前、切目地区で本堂や倉庫、わらなどが燃える不審火が5件発生。4年前の8月から9月にかけても連続不審火があり、御坊署らが警戒を強めている。

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る