不審火か 白昼ビニールハウス全焼

 20日昼、印南町宮ノ前地内で、倉庫として使っていたビニールハウス1棟が全焼する火災があった。火の気がないことから不審火とみられ、去る15日から16日にかけての連続放火と同一犯の可能性が高いとみて、御坊署らが調べを進めている。住民らは「昼間にやるなんて、気が休まる時がない」と不安と怒りの声が上がっている。
 現場はアイテックから西約100㍍で、午後2時45分ごろ、近くを通り掛かった男性が黒い煙が上がっているのを発見。近づいて確認するとビニールハウスから火が出ており、119番通報した。日高広域消防と地元消防団が出動し、約1時間後に消し止めたが、パイプハウス約60平方㍍が全焼。中にあった花の栽培用ネットや段ボールなど農業資材も燃えた。ハウスは敷地内に3棟建っており、東端の1棟が全焼、真ん中の1棟のビニールも一部を焼いた。通報した男性によると、全焼したハウスの南東側の角が燃えていたらしく、すぐに全体に広がったという。所有者の男性は「火の気はないし、近くでたき火もしていない」と証言しており、何者かが火をつけた可能性が高い。北側は山、周りは田んぼがあるくらいで人目につきにくいが、約100㍍南側には交通量の多い県道があり、近くの切目川沿いでは工事も行われている。駆けつけた住民は「昼間で誰かに見られてもおかしくないほど大胆な犯行。早く解決してほしい」と願うように話していた。午後4時55分ごろには印南町と御坊市の境界付近の明神川地内で「煙が見える」との通報があり市、日高広域両消防、県警ヘリコプターが出動したが、火災は確認できなかった。
 町内では15日深夜から16日早朝にかけて、真妻や樮川、宮ノ前、切目地区で本堂や倉庫、わらなどが燃える不審火が5件発生。4年前の8月から9月にかけても連続不審火があり、御坊署らが警戒を強めている。

関連記事

フォトニュース

  1. より安全、快適になりました

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る