シバザクラ代わりに育ててくれませんか

 毎年春に自宅の菜園で美しいシバザクラを咲かせ話題となっていた市内熊野、加治屋節子さん(80)がこのほど、病気療養のため故郷の兵庫県に引っ越した。しかし、大切に育ててきたシバザクラのことが大きな心残りで、根ごと移植して育ててくれる人を探している。このまま管理せず枯らしてしまうのは忍びなく、「今後も誰かに見てもらえる場所に」と望んでいる。
 シバザクラは6年前、加治屋さんのおいで兵庫県に住む松原進さん(70)が、加治屋さんの一人暮らしを気遣って「何か楽しめるものがあった方がいい。この辺にはあまりないシバザクラを植えてはどうか。色の種類もたくさん楽しめる」と提案。苗を買ってきて自宅裏の山の斜面に作った菜園の一角に定植した。初年度はイノシシに掘り起こされて全滅しかけたが、近所のハンターの協力もあってあきらめずに残った苗を育て復活。3年前からようやく花が咲くようになってきた。水やりや草引きなど大変なこともあったが、松原さんもしばしば兵庫県から足を運んで手伝った。もとは縦3㍍、横7㍍の範囲だったが、苗を増やしていまでは縦5㍍、幅16㍍に拡大。毎年春に赤、紫、ピンク、白など7種類のかわいくて美しい花を咲かせ、花好きの近くの人も自由に見物に来ていた。
 松原さんは「おばは病気で病院に通う機会が増えたため、この際身内がいる故郷の兵庫県に引っ越しました。でも大切にしていたシバザクラがなくなるのは寂しいと思います。どこかで咲いていれば、『またいつか見に来れる』という楽しみと希望が持てると思います」と話し、「もちろん無償でお譲りします。個人でもいいし、官公庁や病院でもいいのでどこかで育ててもらえれば」と話している。問い合わせは松原さん℡090-1671-4140まで。

関連記事

フォトニュース

  1. よいしょっと

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る