やっぱり野球は面白い

 阪神甲子園球場で連日熱戦が繰り広げられている第95回全国高校野球選手権記念大会は、きょう22日の決勝を残すのみ。1回戦で姿を消したが、県からは箕島が29年ぶりに出場。石川からは、かつてその箕島と球史に残る名勝負を演じた星稜も名乗りを挙げ、対戦の再現に多くのオールドファンの期待を集めた。箕島の髙川進投手、大阪代表の大阪桐蔭の主砲近田拓矢選手はともに日高川町出身で、小学生時代はバッテリーを組んでいた球友。見どころ盛りだくさんの大会となった。
 昼は高校野球が気になり、夜はプロ野球観戦。そんな日々が続く中、野球関係の取材をすることも。盆前には少年野球大会の決勝を取材。1点を争う緊迫した試合となり、筆者も手に汗握りながらカメラを構えていたが、最終回に2ランスクイズが決まって、逆転サヨナラ勝ちという劇的な幕切れ。盆明けには、日高高校野球部のOB交流試合を取材。30、40代を中心に上は73歳の選手が白球を追ったが、「昔とった杵柄(きねづか)」とばかりにハッスルし和気あいあい。この日のためにスパイクを新調したOBや筆者に「わいのバッティング写真に撮っといて」という知り合いもいた。世代を超えて心の底から野球を楽しんでおり、筆者まで何だかうれしくなった。
 「野球は2死から」「勝負はげたをはくまで分からない」。前述の少年野球大会の決勝もそうだったように、甲子園の高校野球も準々決勝がすべて1点差試合となるなど白熱の好ゲームが多く、最後の最後まで勝負の行方が分からない。きょうの決勝は目が離せないが、野球は見るのもよし、するのもよし、話で盛り上がるのもよし。いろんな意味でやっぱり野球は面白い。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る