民信なくば立たず

 先日、みなべ町で職員が団体会計から86万6500円を着服するという不祥事が発生した。口座から現金を引き出し、飲食費や遊興費に使用していたという。公金が不正に流用された許しがたい行為といえる。
 しかし、同町で発生した不祥事は今回だけでない。平成21年には当時の住民環境課長らが汚職事件で逮捕、同年に職員が酒気帯び運転で検挙、23年には脅迫容疑で職員が逮捕されたこともあった。町村合併した16年から10年が経過するが、不祥事はあとを絶たない。その度に最高責任者である首長は「今後は再発防止に全力で取り組んでいきたい」と謝罪。今回の事件に関しても小谷芳正町長は「機会あるごとに信頼回復に努めるよう言い続けてきたが、こういった不祥事が発生してしまった」と深々と頭を下げた。
 平成21年の汚職事件発覚後は職員研修などの対策も講じたが、どうしてこれだけ不祥事が繰りかえされるのか。職員一人一人が人ごとと考えず真剣に取り組む、ということができていなかった結果だろう。今回の不祥事では「職員が通帳と印鑑を所持し、いつでも引き出せる状態であったことが問題。そこを改めなければならない」という意見が聞かれた。もちろんそれは重要なことだ。しかし、それ以前に公金に対する考えが軽かったということの方が根深い問題だ。再発防止に向けた管理システムの構築は必要。しかし、それですべてが解決できるとは到底思えない。
 孔子は論語の中で「民信なくば立たず」という言葉を残している。政治には民衆の信頼がなければ成り立たない意味だ。みなべ町にはどれだけの民信があるのか。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る