余裕持てる避難ビルを!

 先月28日に県内一斉で行われた地震の津波避難訓練で、緊急避難ビルとなっている薗のNTT御坊別館ビルでの訓練を取材した。東正、第一春日、春和の3町内会から100人が参加。地震発生は午前9時の想定で、筆者が時計を見ていると、避難者の先頭がビルの下に到着したのが25分後。さらに4階に着いたのは27分後。津波が30分足らずで襲来すると言われる中、先頭が到着するのもぎりぎり。訓練から判断すると、後方の避難者は津波にのまれてしまう。
 確かに地震発生から家を出るまでの時間を短くしたり、もっと早足で歩いたりすれば、避難の時間は短縮できるだろう。しかし、どこまで通用するのか。高齢者が多い中で、訓練ではビル4階までの急な階段を上るのが大変で、「逃げ道は確認できたからもういいわ」と、途中で引き返す参加者もいたぐらい。また、階段の幅は結構広いが、実際の津波避難では慌てふためいて混雑し、ケガでもしないかと、心配する。
 NTT御坊別館ビルを避難所として否定しているわけではない。いざという時、緊急に逃げざるを得ない人は、活用すればいい。ただ、緊急避難ビルと言っても、あまりにも時間的に余裕がないと、逆にいろいろなトラブルが起きそうな気がする。去る7日には名新地区が市に対して各町内会に1基の避難ビルを要望していたが、なるほど、津波被害者ゼロを目指すなら、それぐらい身近な場所に避難ビルの整備が必要かもしれない。名新地区の中には「既設の避難場所へいく訓練を試してみたが、逃げ切るのが難しい」と嘆く人がおり、危機意識と訓練のモチベーション維持の難しさを指摘する声もある。行政はこれらの声をしっかり受け止めてほしい。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る