みなべに豊岡からコウノトリ

 11日朝、みなべ町内で国の特別天然記念物に指定されているコウノトリ7羽が確認された。主に谷口地内のうめ振興館付近の南部川で羽を休め、カメラマニアや愛鳥家らが驚かさないよう気をつけながら撮影していた。足に目印の輪があったことから兵庫県立コウノトリの郷公園(豊岡市)が放鳥したコウノトリとみられ、約200㌔の距離を飛んで来たことになる。
 昔は日本全国に普通に棲息していたが、明治期以後の乱獲、巣をつくる木の伐採などにより棲息環境が悪化。太平洋戦争前後の食料不足の中で食用にされたこともあり、昭和31年には20羽にまで減少。同年に国の特別天然記念物に指定された。その後、自然界に棲むコウノトリは絶滅したが、兵庫県豊岡市で人工飼育していたコウノトリとロシアから譲り受けた個体を交配させるなどして数を増やし、平成17年から昨年までに計28羽を放鳥。自然界で増えるなどして、現在では野生の鳥は82羽が確認されている。コウノトリの郷公園では99羽が飼育されている。
 地元住民らによると、10日午前9時ごろ、筋地内の学校橋周辺で確認。その後しばらく見えなかったが、数時間後には近くのうめ振興館前の南部川に舞い降りていた。全長約1㍍。集団で行動し、周辺を飛び回ったり浅瀬でエサをついばむようなしぐさを見せていた。カメラ愛好家の池添正直さん(83)=西本庄=は「南部川にコウノトリが来ていると聞いて、驚いて駆けつけた。無事に写真に収めることができてよかった。幸せを運んでくる鳥と言われているので、みなべ町にもいいことがあるのかもしれない」と話していた。夫婦で写真を趣味とする井口富雄さん(65)、喜代美さん(65)=西本庄=も、2人でそろってコウノトリの姿をカメラに収めていた。今月は和歌山市でも6羽が確認されているという。

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る