県工事の不当要求根絶へ

 県発注の公共工事などをめぐり、受注業者が補償名目で現金を脅し取られるなど不当要求事案が相次いでいることを受け、県と国土交通省紀南河川国道事務所、県警などが防止策を強化することを決めた。15日以降公告分のすべての県発注建設工事と建設工事に関する委託業務を対象に、業者に対して「暴力団に限らず、何人からも金品等を要求された場合は県と県警に報告する」との誓約書の提出を義務づける。
 県内ではことし3月、有田川漁協の幹部が県発注のトンネル工事に絡み、受注業者から漁業補償名目で現金を脅し取ったとして、恐喝容疑で逮捕される事件が発生。県は4月、河川の工事着手前に、業者が事前補償を行うといった、以前からの不適切な慣行を廃止することを決め、県建設業協会と協会の9つの支部などに対し、不当要求行為があった場合はただちに警察へ通報するなどの対応策を通知した。
 今回は業者が不当要求行為を受けた際の警察への通報、内水面漁協等が法的根拠のない補償を求める行為をしないよう求めた対応策を、県の公共工事全体に拡大。さらに、工事を落札した業者には誓約書の提出を義務づけ、提出しなければ契約を結ばないことも決めた。国交省紀南河川工事事務所も県の動きに合わせ、熊野川の水害復旧工事について誓約書提出を契約条件に盛り込むという。
 東日本大震災被災地の復興工事でも暴力団絡みの恐喝事件などが多発しており、県警組織犯罪対策課は県や国交省工事事務所とスクラムを組んで警戒を強めている。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る