由良で戦争体験語り継ぐ会

 由良町中央公民館で3日、憲法9条を中心とする平和憲法を守ろうと活動を続けている町内の住民団体「九条の会ゆら」(事務局=池本護さん)が主催の「第9回戦争体験と平和への思いを語り継ぐ会」が開かれた。町内外から約80人が来場。写真家でことし5月に他界、九条の会ゆらの呼びかけ人でもあった岩崎芳幸さん(享年82歳、阿戸)が撮影、収集した写真や資料計115点がスライド上映され、平和への誓いを新たにした。
 スライド上映のテーマは「軍港の町と人々の戦中戦後」。解説は事務局の池本さん(76)=里=が務めた。スライド上映では「由良駅で出征兵士を見送る人々」「日中戦争戦没者の村葬」「町内の軍事遺跡」などの写真を紹介。池本さんは「昭和12年から20年までで出征した兵士は町内で1425人。そのうち亡くなられた方は445人。実に32%の方が亡くなられた」「戦没者は最初のころは村葬をしていたが、(昭和)18年ごろからは亡くなる方が多過ぎて村葬も行われなくなった」などと写真に合わせて説明。戦時中は「空腹と栄養失調に悩まされた。栄養が十分でないからけがも治りにくかった」などと生活面の苦労にも触れ、憲法改正へ取り組もうとしている安倍政権に対しても厳しい意見を寄せた。
 スライド上映の前には由良女声合唱団のコーラスがあり、終了後には意見交換会も開かれた。意見交換会では「家の近くの山へ爆弾を落とされました。その怖さをいまでも忘れてはいません。二度と子ども、孫たちを戦場へ行かすことのない、戦争のない平和な毎日を送りたいと思います」という戦争体験者の声が聞かれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る