あの戦争を振り返る夏

 「自宅等ハ夕景ニ帰ッテ来タラ屋根ニ穴数ケ所アキ ミジメデアリ 今晩ハ神谷ノ壕ノ中デ泊ル 本当ニ今日ハエラカッタ」。昭和20年7月28日、由良町糸谷の海岸に停泊中の海防艦がグラマン延べ八十数機の波状攻撃を受け、乗組員99人が亡くなった。のちに白崎村議会議員を務めた平井直勝さんが、この長かった一日を日記に書き留めている。
 海防艦は戦況悪化に伴い小型化・簡略化の改良が重ねられ、壮絶な最期を遂げた第30号は当時最新の丁型。20年5月に由良へ回航した。約160人の乗組員は2カ月余りの滞在中、地元の人たちとの親交もあり、当時10歳だった阪元昭良さん(78)は乗組員と仲よくなった。何度か艦へ遊びに行ったこともあり、7月28日は戦闘が始まる直前まで艦にいたという。
 機銃や高角砲の台に座らせてもらい、帰りにはお菓子の入った袋をみやげに持たせてくれた。「ボク、また明日も来いよ」。戦争の怖さを知らぬ少年の笑顔に、死を覚悟した乗組員らはつかのま、心が和み、ふるさとに残してきたわが子を重ね合わせたのだろう。
 数時間後、糸谷は死の海となり、阪元さんは乗組員との約束を果たせなくなったが、いまも時間があれば紀伊防備隊と海防艦の犠牲者の鎮魂碑を訪れ、人知れず周囲を清掃して手を合わせている。
 小紙はきょうから、戦争体験者に話を聞く連載がスタートした。ことしは満州の部隊に配属された陸軍の工兵、海軍の戦艦大和の乗組員らのほか、由良の海防艦の戦闘を目の当たりにした阪元さんらに話をうかがった。産業戦士として日本が勝つと信じて家族を守り、生き抜いた平井さんの日記も含め、まぶしい記憶の光を語り継いでいただければと願う。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 人に寄り添う看護師に

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町クエ・フェア

    10月 19 @ 11:00 AM
  2. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る