日高新報社善意ゴルフ 201人が熱戦

 本社主催の日高新報創刊85周年記念第20回チャリティーゴルフ大会(津村尚志大会長)が18日、印南町南谷の紀南カントリークラブで開催され、猛暑にもかかわらず201人が楽しみながら熱戦を繰り広げた。栄えあるチャンピンに輝いたのは、グロス66の好スコアをおさめた山﨑鉄筋工業(御坊市)代表の山﨑幸二さん(47)。「メンバーに恵まれ楽しくラウンドできた」と、カップを手に初優勝を喜んでいた。
 全参加者が各ホールにスタンバイして一斉にスタートするショットガン方式で行い、午前9時20分、サイレンを合図にティ・オフ。暑さもなんの、気の合う仲間とのラウンドに笑い声や「ナイスショット」の声を響かせていた。印南小学校6年生の高木美咲さんも3年連続で参加し、美しいフォームで見事なショットを披露し、大会を盛り上げた。チャリティーホールに設定したアウト4番、イン11番では、ワンオンした参加者も「福祉に役立てて」と快く協力する姿が見られた。
 全組ホールアウト後のパーティーでは、津村大会長が「多くの参加をいただき、記念の大会を盛大に終えることができた」と感謝し、「本紙は来月85周年を迎えます。活字離れ、ネット社会など新しい環境の中ですが、社員一同新しい一歩を切り開いていきますので今後もご支援よろしくお願いします」と力を込めた。花田健吉県議会副議長の発声で乾杯、おいしい料理を食べて和やかに歓談しながら表彰式へと移った。
 今回は記念大会で全員に賞を用意。ブービーメーカーから順に発表し、優勝の副賞と同じ大型テレビが賞品の創刊賞(85位)など一人一人名前が呼ばれるごとに拍手や歓声が上がっていた。最後にアウト31、イン35、グロス66の山﨑さんがコールされると参加者は大きな拍手で祝福。ゴルフ歴約15年、ベストスコアは64というプロ級の腕前で、「いつも一緒に回っている仲間と楽しめたのが8つのバーディーにつながりました。ドライバーを振り回さずにきざみ、パットも冴えました。また参加したい」と笑顔で話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る